総攻略ゲーム >  アイデンティティV(第五人格)攻略wiki >  最強ハンターランキング!NO.1はコイツだ!
アイデンティティV(第五人格)攻略wiki

【第五人格】最強ハンターランキング!NO.1はコイツだ!

[更新日]2020/02/12

   37                   
    
             
    

アイデンティティV(第五人格/IdentityⅤ)の最強のハンターランキングとおすすめの理由について解説をしていきたいと思います。

第五人格最強のキャラは誰か、全ハンターの評価もご紹介しておりますのでぜひともチェックしてください!

第五人格 最強ハンターランキング!NO.1はコイツだ!


ハンターとは

第五人格 ハンター ランキング

ハンターとは、第五人格でサバイバー追う「鬼」の役目を持ったキャラクターです。

ハンターには数多くのキャラクターが存在し、それぞれ足の速さや攻撃の速度、攻撃の範囲などに差があります。

また、個別に強力なスキルを持っていて、その性質でキャラクター事の立ち回りが大きく違うのが特徴です。

今回はそのハンターをランキング形式でご紹介します!

ランキングの基準


スキルの強さ

第五人格 ハンター ランキング

ハンターは、それぞれ強力なスキルを持っています。

どのスキル状況や使い方によっては非常に強力でありますが、今回のランキングでは序盤から使用でき、サバイバーを捕まえやすいスキルであるほど評価が高くなっています。


特に「強ポジ」と言われるハンターと長い間時間稼ぎをできるサバイバーに有利なポジションに対して、そこをどれだけ無効化しやすいかなどもポイントになっています。

汎用性の高さ

第五人格 ハンター ランキング

ハンターはそれぞれが個性を持っておりサバイバーとの相性や戦術の得手不得手というものが存在し、一概に「最強ハンター」と断ずることが難しくなっています。

そこで今回は様々な状況に対応しやすい「汎用性の高さ」に重きを置いたランキングになっています!


ハンターが新しく実装されていっていますが、既存ハンターも次々修正されており、ほとんどのハンターが優劣つけ難いほど強力になってきています!

一番強いハンターはどのキャラ?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


最強ハンターランキング

順位 ハンター ハンターの強み
1位
夢の魔女
・移動速度が速く探索しやすい
サバイバーからは本体の姿が見えない
・複数の信者を召喚して操作できる
2位
血の女王
・鏡像による中遠距離攻撃
・鏡像との入れ替えで疑似瞬間移動
・強ポジを無視して攻撃できる!
3位
黄衣の王
・範囲の広い通常攻撃
・序盤から任意の場所に触手を生やせる
・触手攻撃と通常攻撃の強烈なコンボ
4位

使徒
・サバイバーをスタンさせられる
・連続スタンも可能
・愛猫との距離を一気に詰められる
5位

ガードNo.26ロボット
・0.5ダメージを与える時限爆弾を複数ばらまける
・爆発は障害物を貫通する
・爆発タイミングや範囲を調節すれば、即ダウンも可能
6位
リッパー
・障害物も貫通する遠距離攻撃
・透明化で位置がわかりにくい
・移動速度が速い
7位
写真家
・時間の止まった写真世界で動ける
・暗号機の解読を大幅に遅らせれる
・強力な通常攻撃とスキル
8位
結魂者
・移動速度を上げやすい
サバイバーにデバフをかけられる
救助を妨害しやすい
9位
白黒無常
・遠近両用の瞬間移動能力
・強ポジの駆け引きに非常に強い
・状況に合わせてモードチェンジできる
10位
芸者
・開幕直後からスキルを使える
・瞬時にサバイバーの元へ移動できる
・空からマップ全体を確認できる
11位
泣き虫
・壁貫通攻撃が強い!
・有利な領域を作れる
・テクニカルなハンター
12位
狂眼
マップの各ポイントを監視可
・移動速度がかなり高い
・チェイスをせずともサバイバーをダウンさせられる
13位
魔トカゲ
・攻撃判定が強い!
・ジャンプで距離を詰めつつ索敵できる
・攻撃硬直の少ないスキル攻撃!
14位
道化師
・開幕直後からスキルを使える
チェイスと攻撃が一体の強力なスキル
・初心者でも扱いやすい!
15位
断罪狩人
・障害物を貫通できるスキル
スキルと通常攻撃の2段コンボで即気絶
16位
復讐者
・BOTとサバイバーを追い詰める
・パペットとの位置交換で瞬間移動が可能
・パペットは探知範囲が広い


1位 夢の魔女

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★☆☆☆☆☆ 夢隠れ / 信者 / 魔女の記号 寄生 / 伝道 / 同化 / 殉道
特長
・複数の信者を操作し、サバイバーを攻撃・拘束することができる
・本体の移動速度は非常に速い
サバイバーからは、本体を見ることが出来ない


高い索敵性能

夢の魔女本体は、攻撃できない代わりに、移動速度が非常に速くなっています。

サバイバーには本体の姿が見えず、信者を操作しなければ心音もしないので、他のハンターよりも早く索敵できます。


寄生で信者を召還!

夢の魔女は、最初から存在するオリジナル信者の他、サバイバーを宿主とする寄生信者を操作できます。

信者単体の性能はそこまで高くありませんが、夢の魔女が取得している内在人格補助特質を扱うことができる上に、クールタイムも別々に発生するため、複数いればかなり強力です。


補助特質に「神出鬼没」や「巡視者」、内在人格「閉鎖空間」を採用していれば、挟み撃ちや他の信者がいる場所への誘導も容易になるでしょう。


また、一度寄生してしまえば、その寄生信者から宿主の位置が表示されるため、追撃や状況把握も有利に行えます。


ただし、寄生信者はそれぞれの宿主から遠くに離れることはできず、宿主を攻撃するかサバイバーにより「魔女の記号」で排除されると消滅するため、できるだけ宿主以外を攻撃しつつ、「魔女の記号」を使われないように牽制する必要があります。

他のハンターにはできない複数キャンプ

夢の魔女は、最大で5人の信者(オリジナル1人と寄生4人)を操作できるため、複数の場所を守ることができます。

例えば、サバイバーを拘束しているチェアや解読が進んでいる暗号機付近、救助や脱出に使うであろうルート、ゲート前など、あらゆる場所へ配置可能です。

また、操作する信者は短い時間で変更でき、操作をしていなくても

最後に操作していた移動状態と方向を保ち続けるため、サバイバーをチェアへ運んでいる最中に

他の信者で解読妨害や自動板破壊といった効率的な立ち回りも行えます。

もちろん、あえて信者と宿主を離して、自動追尾機能を使うのも有効です。

ただ、スキル「寄生」のクールタイムが非常に長く(ダメージを与えることで短縮可)

宿主がある程度離れるとコントロールが失われるため

操作や状況判断が他のハンターと比べて非常にシビアとなっています。

そのため、夢の魔女は初心者向けではありませんが、使いこなせれば最強クラスであることは間違いないでしょう。


オススメの内在人格


夢の魔女は、信者が少ない序盤が弱点となるため、最短8秒間チェイスしていると、移動速度が10%上昇する「獲物を追う」がおすすめです!

また、補助特質「異常」や「監視者」を用いた遅延戦術も得意としているので、「崩壊」や「パニック」など遅延系の内在人格も検討してみてください。


信者の行動範囲に注意!

オリジナル・寄生信者には、宿主を中心とした行動範囲が設定されています。

この外に出ると、コントロールが失われるので、本体と信者の配置には常に注意が必要です。

特に、対策がある程度できているサバイバーだと

自身の寄生信者を味方から引き離すあるいはオリジナル信者を巻くため、敢えて遠くに行ったり

魔女の記号」を取りに行って信者を優先的に排除するなど、その弱点を突いてきます。

そのため、遅延系の補助特質と内在人格を採用し、臨機応変に対応することをおすすめします。


下記動画(0:46~)は、邪竜Sバッジ夢の魔女使いの方がおすすめの内在人格や立ち回りについて解説しています。


2位 血の女王

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 水鏡 鏡影 / 鏡傾 / 入鏡
特長
・瞬間移動・索敵・奇襲・チェイス全てできる万能ハンター
・キャンプに強い
・超遠距離攻撃が可能!

攻撃判定のある鏡像

血の女王が存在感0の状態で、任意の場所に「水鏡」を召喚すると、それを軸に本体と鏡写し(線対称)に動く鏡像が生成されます。

この鏡像は物に対する判定がない一方、攻撃判定はあるため、血の女王はサバイバーの距離や障害物を無視した攻撃ができるのです。

例えば、板グルされている時に挟み撃ちしたり、逃げている方向から攻撃を仕掛けたりと様々な使い方ができます。

しかも、存在感が最大になれば、水鏡召喚した時に5m以内にいるサバイバーの鏡像を生成して、強ポジを無視できるので、かなり強力なスキルです。

ただし、発動時間とクールタイムも少し長めなので、鏡像があるうちにダメージを与えられないと厳しくなります。

水鏡による疑似瞬間移動と索敵

水鏡が存在している時にもう一度スキルボタンをタップすると、鏡像と本体の位置の入れ替えによる疑似瞬間移動ができます。

水鏡は、本体から離れた場所でも設置でき、その距離に応じて鏡像の出現する場所も遠くなるので、これを利用すれば、長距離でも楽々移動できます。

例えば、サバイバーがいるであろう場所や暗号機が揺れている場所に鏡像を召喚して、奇襲を仕掛けた後、瞬時に移動して追撃を仕掛けられるのです。

また、存在感が溜まれば、水鏡を鏡像から25m以内にいる一番近いサバイバーの方に向けられるので、索敵にも強く、鏡像の位置を調整して不意を突くこともできます。

以下(2:00~)は、血の女王1位の方がおすすめ内在人格や立ち回りを解説しています。


トップクラスのキャンプ性能!

血の女王は、ある程度距離があっても水鏡を召喚できるため、チェアの真横にいながら、救助に来るであろうルートに鏡像を生成して救助狩りを行う、あるいは解読しているサバイバーに奇襲攻撃するといった立ち回りができます。

また、もし呪術師や探鉱者などのスタンスキルをもつサバイバーが来ても、ある程度無視して攻撃できるのはかなりの強みです。

このようにスキル発動中はかなりの強さを発揮する血の女王ですが、それ以外には有用な能力がないので、その点は他のハンターと比べて不利となっています。

しかしながら、スキル「水鏡」はかなり汎用性が高く、柔軟な立ち回りができるので、相応の知識と経験があれば、血の女王は最強クラスの万能ハンターだと言えます。

オススメの内在人格




血の女王は、キャンプ中の攻撃が強い一方、極短時間の連続攻撃ができないので、ロケットチェアにサバイバーを拘束している時に攻撃回復速度が最大25%上昇する「狂暴」がおすすめです。


血の女王は、鏡像による中遠距離攻撃が得意であるため、キャンプ中に救助の阻止や解読妨害を狙っていきましょう!これに「崩壊」や「パニック」などの遅延系内在人格を組み合わせれば、サバイバーはかなり苦しい戦いを強いられると思います。

水鏡の召喚場所に注意!

鏡像は高低差にも対応していますが、2階がある区域は狭い傾向にあるため、空中に移動してしまうことがあります。

同様に、地上でも鏡像が障害物にめり込んだり、マップ外に飛び出すことがあるので、水鏡を召喚する場所には気を付けましょう。

もし失敗した場合は、鏡傾を使って鏡像の位置を調節するか、神出鬼没などで対処しましょう!

以下(0:16~)は、血の女王のおすすめ内在人格や立ち回りを解説しています。


3位 黄衣の王

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★☆☆ 恐怖の形 / 恐怖 悪夢浸食 / 深淵触手 / 恐怖凝結 / 悪夢凝視
特長
マップのいたるところに触手を生やせる
・触手を使ってサバイバーを攻撃できる
・触手は索敵の他、サバイバーの妨害にも使える


汎用性抜群の触手

黄衣の王は、付近にサバイバーがいると深淵触手がチャージされ、任意の場所に設置することができます。

この触手は攻撃に用いれる他、攻撃を命令すれば一番近くのサバイバーに向かって倒れるので、索敵にも使えます。

また、触手付近のサバイバーには、解読・開門速度を15%、板・窓枠の操作速度と治療速度を10%低下させる効果を付与できるので、妨害性能も高いのです。

さらに、サバイバーがダウンしても他のサバイバーの付近に触手が生えるので、序盤から後半まで使えるかなり強力なスキルと言えます。

回避困難な悪夢凝視

存在感が最大で「悪夢凝視」が解放され、ターゲットに設定した任意のサバイバーを対象に、20秒間触手攻撃し放題になります。

黄衣の王は、最大5本までストックした触手をクールタイム3秒で召喚できます。

また、存在感が1000以上の時は、時間経過で触手が溜まるので、このスキルが解放された後は、試合展開がかなり良くなるでしょう。!

特にロケットチェア付近に複数の触手を召喚しての凝視キャンプは凶悪なので、ファーストチェイスで多少失敗しても巻き返しやすいと思います。

アプデでファーストチェイスに強くなった

調整前の黄衣の王は足が遅く、存在感が溜まるまではその力を発揮しにくいハンターでした。

しかし、先日の調整で移動速度が上昇し、存在感0の状態で触手が生やせるようになったことで、ファーストチェイスにかなり強くなりました。

一方で、悪夢凝視による自動攻撃がなくなってしまったので、弱体化した面もありますが、逆に好きなタイミングで触手攻撃できるようになったので、ハスター使いにとっては強化になった面もあります。

また、触手に行動遅延効果が付与され、触手破壊時間も伸びたため、補助特質「監視者」や「異常」、内在人格「パニック」や「崩壊」を用いた遅延戦術も取りやすくなったのです。

そのため、黄衣の王は序盤から終盤まで強さを発揮でき、他の上位ハンターと比べても遜色ないほどに強化された優秀なハンターと言えると思います。

オススメの内在人格


黄衣の王は、救助狩りが得意なため、チェア発射までのカウントダウン速度が最大9%上昇させて、タイミングを狂わせる「コントロール」がおすすめです。

しかし、これだと気絶攻撃で強みをつぶされてしまうため、「怒り」や「檻の獣の争い」などの気絶回復が早くなる内在人格もつけて対策しましょう!

触手の操作に慣れていない場合は、「獲物を追う」や「狩猟本能」などの加速系のスキルがおすすめです。


触手破壊に注意!

サバイバーは近くの触手を取り除くことができます。

慣れているサバイバーだと、すぐに破壊すてしまうので、触手はある程度ストックしておきましょう!



下記動画(0:44~)では、調整後のハスターの性能を解説しています。


4位 使徒

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 影を踏む 急襲 / ランウェイ / ガイド / 超感覚
特長
・愛猫を噛みつかせて近づくと、範囲内の全サバイバーをスタンさせられる
・放った愛猫に瞬時に近づける!
・通常攻撃の範囲が横に広い!


サバイバーを行動不能にできる

使徒が存在感0の状態から使用できる「急襲」は、サバイバーを気絶させて、「使い鳥」や「忘却の香水」などの厄介なアイテムを実質無効化できるスキルです。

急襲を発動させると、障害物を無視しながら直進する愛猫が放たれ、5秒後あるいは任意のタイミングで左右に分裂して、警戒半径が発生します。この中にサバイバーが入ると、そのサバイバーを中心とする麻痺エリアが発生し、そこに使徒が入ることで範囲内の全サバイバーが数秒スタンするのです。

スタン中のサバイバーは一切操作ができなくなるので、スキルやアイテムを無視してダメージを与えられます。

しかも、存在感が1000溜まると、愛猫を任意の場所に誘導できる「ガイド」が使用できるようになるので、スタンさせやすくなるだけではなく、時間差で気絶させて、連続攻撃するといったこともできるのです。

これらのスキルは、チェイスにも当然強いのですが、キャンプしている時は、ハンター最強クラスの性能を発揮します。

例えば、愛猫をチェアの付近に誘導して、近づけばすぐにスタンできるようにすれば、救助のタイミングを狂わせられますし、分裂した猫を時間差で当てれば、その間に通常攻撃を2回行うこともできるのです。

一気に距離を詰められる

使徒は、分裂した愛猫がフィールド上に存在する時、愛猫がいるところに素早く移動できるランウェイと言うスキルを使えます。

これにより、麻痺エリアを発生させられなくても、距離を詰めることができ、発生に成功すれば、素早くその範囲内に入ってサバイバーをスタンさせることができます。

使う人を選ぶかも…

ここまで使徒の強みを紹介しましたが、弱点もいくつかあります。

まず挙げられるのは動きの遅さで、気絶回復や板破壊に関しては致命的です。内在人格で対策しないと、板破壊中に強制的にスタンを発動させられたり、麻痺エリアの持続時間内に範囲内に入れなかったりして、強みを発揮しきれない可能性が高いです。

また、ランウェイに関しても、障害物や板・窓枠を飛び越えられず、詰められる距離も制限されているので、ある程度距離が取れるところでグルグルさせたりすると、時間を稼がれやすいかもしれません。

さらに解読を妨害する手段が限られているので、使徒は愛猫を確実に当てて、気絶させないと巻き返しが難しくなるかもしれません。

ただ、愛猫の警戒半径は時間とともに拡大し、ガイド解放後はスタンさせやすくなるので、使徒は強い部類のハンターになると思います。

オススメの内在人格


使徒は、板破壊速度がかなり遅く、スタンスキルを活かせないことがあるので、その速度を最大40%上昇させる「破壊欲」がおすすめです。

また、全体的に動きが遅いので、サバイバーを最短8秒追撃し続けると、移動速度が10%上昇する「獲物を追う」や気絶回復速度が速くなる「怒り」、「檻の獣の争い」などもつけておくのもいいかもしれません。

急旋回に注意!

使徒の通常攻撃と猫を放つスキル「急襲」は、急旋回に弱いので、フェイントをかけたり、予測攻撃して対策しましょう!

下記動画(0:14~)は、使徒の能力について解説しています。

5位 ガードNo.26ロボット

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 爆発連鎖 時限爆弾 / リモコン爆弾 / 爆弾EX
特長
・0.5ダメージを与える爆弾を複数扱える!
・爆発範囲は十字で障害物を貫通!
・爆発を連鎖させれば広範囲にダメージ!


チェイスルートを制限する時限爆弾

ガードNo.26は、存在感0の状態からダメージ判定のある「時限爆弾」を使用できます。同時に最大6個まで所持できる上に、補充も非常に早いので、序盤から強気のチェイスが可能です。


時限爆弾は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定でき、任意の場所に設置あるいは投げることでカウントダウンが始まります。これが0になると、障害物を無視する十字状の爆発が発生し、範囲内の全サバイバーに0.5ダメージを与えるのです。(※同じサバイバーに同時ヒットしても、ダメージは変わりません。)


また、範囲内にある他の爆弾を誘爆させられるので、爆発範囲を広げたり、投げた爆弾のカウントダウンを早めたりすることもできます。


しかも、サバイバーはカウントダウンが見えず、解除もできません。


そのため、板の間や窓枠が爆発範囲に入るように投げて、逃げ道を制限したり、自身の周りに爆弾を置いてスタンキャラを牽制したりすることもできるので、現環境にも適したスキ
ルと言えます。

強力なリモコン爆弾

存在感が1000貯まると、リモコン爆弾が使用できるようになります。


任意のタイミングで爆破できる以外は、時限爆弾との違いがありませんが、サバイバーの動きに合わせられるので、爆破ダメージを狙いやすいです。


また、長めに設定した時限爆弾を好きなタイミングで誘爆させたり、密集している暗号機を守るために使用したりと様々な活用方法が期待できます。


ただ、一定時間操作しないと勝手に爆発し、長めのクールタイムが発生するので、使用タイミングは注意してください。

高いキャンプ性能

これらの爆弾を誘爆させないようにチェア周辺に複数設置すれば、サバイバーを牽制しつつ、ダブルダウンや救助狩りを狙うこともできます。


存在感が最大になれば、爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、ガードNo.26は、厄介なハンターになること間違いありません。


ただし、ガードNo.26は基本的な能力が何かずば抜けているわけではなく、爆弾を上手く活用するには慣れが必要なので、万人向けのハンターとは言えません。

おすすめの内在人格




ガードNo.26は、複数の爆弾を利用した牽制と救助狩りが得意なため、チェア発射までのカウントダウン速度を最大9%上昇させて、タイミングを狂わせる「コントロール」がおすすめです。

もし暗号機が密集しやすいマップであれば、遅延系内在人格の「崩壊」や「パニック」を採用し、補助特質に「異常」や「監視者」を持っていくのもいいかもしれません。


爆弾の使い過ぎに注意しよう!

サバイバーは、爆発範囲が見えるので、複数の時限爆弾をばらまくのが基本的な立ち回りになると思われます。

しかし、使いすぎると強みを発揮できなくなるので、極力節約するようにしましょう!

以下の動画(0:31~)では、ガードNo.26の能力と立ち回りについて解説しています。


6位 リッパー

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★★★ 寒霧 霧に隠れる / 幽暗に隠れる
特長
・霧の刃による遠距離攻撃が非常に強力
・壁貫通攻撃も可能!
・移動速度が速く、立ち回りやすい


霧の刃がかなり強力!

霧の刃」は、リッパーが存在感0の状態から使用できる超強力なスキルです。

これを使用できる状態で攻撃すると、その方向に向かって霧の刃が飛んでいきます。障害物に当たると消滅しますが、射程がかなり長くサバイバーに命中すれば、通常攻撃1回分のダメージを与えられる超有用スキルです。

また、霧の刃と命中したサバイバーが通った場所には、一定時間霧エリアが発生し、その中ではリッパーが加速効果を得られます。

この強みは、サバイバー本体に通常攻撃が当たらなければ、空振りとなってすぐに追撃できるできる点と、上手く当てれば2人のサバイバーに同時にダメージを与えられる点です。

そのため、リッパーはファーストチェイスと救助狩りに非常に強く、移動速度や追撃と言う面でも上位のハンターと言えます。

強ポジを無視する貫通攻撃

リッパーは、存在感0の状態から「霧の刃」という強力なスキルを使用できるハンターです。

霧の刃を使用できる状態で通常攻撃をすると、その方向に向かって攻撃が飛んでいき、サバイバーに命中すれば、通常攻撃1回分のダメージを与えられます。

このスキルは、心音範囲外のサバイバー攻撃できるほど射程がかなり長くサバイバーに通常攻撃が当たらなければ、空振りとなって、通常攻撃とのコンボで即ダウンが狙える超強力なスキルです。

しかも、上手く当てれば2人のサバイバーに同時にダメージを与えることもできます。

また、このスキルには、霧の刃自体と命中したサバイバーが通った場所に、一定時間移動速度を上昇させる霧エリアを発生させるので、リッパーはサバイバーを即死させやすく、救助狩りにもある程度強さを発揮するのです。

サバイバーを惑わす透明化

存在感が溜まると、リッパーは透明化し、移動速度が上昇します。

移動速度上昇だけでも十分なのですが、透明化もかなり強力です。接近が気付かれにくくなるのに加え、居場所が分かりにくくなるので、板の駆け引きにすこぶる強いのです。

存在感1000以上の状態で霧エリアに入れば、透明化のクールタイムも減少するので、後半はさらに有利に立ち回れるでしょう!

ただ、攻撃や板・窓操作などの動作を行うと、透明化が解除されるので、場合によっては遠回りするのも有効もなると思います。

まとめると、リッパーは移動速度が速く、ファーストチェイスにも強いハンターです。

しかし、霧の刃のクールタイムは長く、通常攻撃の判定が強いわけでもないので、初動で失敗すると巻き返しが図りにくいと思われます。写真家

オススメの内在人格


リッパーは救助狩りが得意なので、サバイバーを簡単に発見できる「指名手配」がおすすめです。

これは、サバイバーをロケットチェアに拘束した時、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)であると、その内1人の輪郭を表示するスキルです。

特に、障害物が少なく見通しのいい場所ならかなり救助狩りしやすくなるので、ぜひ使ってみてください。ロケットチェア拘束時に攻撃硬直が減少する「狂暴」や心音範囲が減少する「抑制」も、相性がいいのでおすすめです。 


急旋回に注意!

リッパーはトップクラスのハンターですが、攻撃の発生速度が若干遅いです。

そのため急旋回に弱く、空振りすると透明化が解除される上に、霧の刃も消費してしまうので、サバイバーの動きをよく見て、溜め攻撃などで対策しましょう!

下記動画(0:29~)では、リッパーの最大の特徴である霧の刃の使い方を解説しています。


7位 写真家

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 写真世界 / 時空重畳 瞬影留痕 / 時空残像
特長
・チェイスなしでサバイバーにダメージを与えられる
・解読遅延も可能
・通常攻撃は1.5倍のダメージを与えられる


チェイス不要でサバイバーをダウン!

写真家ジョゼフは、試合開始直後からカメラで撮影することで「写真世界」を作り出せます。


この中ではジョセフ以外のものが撮影時の状態で複製され、ジョゼフはここに自由に出入りができます。


複製されたサバイバーは停止しているため、ジョゼフは写真世界が崩壊する60秒までの間、それらにダメージを与え、チェアに拘束することが可能です。


写真世界が崩壊する直前の健康状態は、崩壊とともに現実世界のサバイバーにその半分を反映させるため、チェイスなしでダメージを与えつつ、存在感を溜められます。

しかも、写真家の通常攻撃は1.5倍のダメージを与えられるため、医師とバーメイドがいないパーティーでは、どちらの世界の攻撃でも一発与えれられば、回復しても二度目で即ダウンさせられるのです。



なお、チェアに拘束した場合はダウン状態となるため、序盤からかなり有利に立ち回れるでしょう!

もちろん、現実世界でチェアにサバイバーを拘束した状態でも写真世界を作れるので、上手くいけば、トンネルもかなり簡単にできます!

写真世界で解読妨害

作り出した写真世界が崩壊すると、暗号機の解読進行度は「写真世界の解読進行度」と「現実世界の解読進行度」を足して半分にしたものが反映されるため、大幅な解読遅延が可能です。

また、現実世界の解読音は写真世界でも聞こえるため、奇襲も狙えます。特に、任意のタイミングで現実世界と写真世界を行き来できる瞬影留痕(存在感1000)を使えば、現実世界のサバイバーをダウンさせることも簡単になるでしょう!


ただし、写真世界が出来る前の進行状況や解読が完了した暗号機は、進捗が戻りません。


サバイバーも写真世界に入り、治療や救助、解読を行えます。


そのため、どのサバイバーにどの程度ダメージを与え、チェアに拘束するかはその都度判断しなければ、せっかくダメージを与えても意味がなくなってしまうかもしれません。


移動と索敵にも強い

写真家は、妨害に特化したハンターですが、存在感を溜めれば、瞬時に移動したり、サバイバーのいる方向を探知することもできます。

存在感最大で使用できる「時空残像」は、スキルボタンを押した時間に応じて、15秒以内の過去の位置に戻れるスキルです。通常のチェイスにも有効ですが、補助特質「瞬間移動」との相性が良く、これを利用した救助狩りや暗号解読終了後の無限瞬間移動はかなりの強さを発揮します。

また、このスキルボタンを押したときに、一番近くのサバイバーの方に写真家が向くので、索敵にも強いのです。

まとめると、写真家はサバイバーにダメージを与えながら、全体の解読を妨害できる優秀なハンターです。立ち回り次第では、厄介な救助・チェイスキャラを簡単にダウンさせることができ、1台も解読できないまま、全員脱落させてしまうこともできます。

ただし、チェイスを有利にするスキルが少なく、基本的な能力もなにかずば抜けているわけではないので、通常のチェイスで時間を稼がれやすいのは欠点です。

また、写真世界に関しても、スポーン位置を覚えていないと、サバイバーを見つけられないまま崩壊してしまう可能性が高く、覚えていても上手く隠れられてしまうと、性能を発揮できなくなるため、安定した活躍が難しいハンターだと言えます。




オススメの内在人格


ジョゼフは、写真世界のサバイバーを風船状態にしながら立ち回ることが多いため、その状態の移動速度が最大8%上昇するを装備する「おもてなし」がおすすめです。

この他にも、18m以内のダウンしたサバイバーが表示される「鹿狩り」や近くの治療しているサバイバーが見えるようになる「掃除屋」の他、「指名手配」も相性が良いので、ぜひ検討してみてください。

ロケットチェアに拘束するタイミングに注意!

サバイバーは写真世界に入って救助できるため、できるだけ崩壊直前にチェアに拘束するのが望ましいです。
また、調香師は忘却の香水で健康状態を回復させられるため、ダメージを与えたら優先的に拘束しましょう。




下記動画(1:14~)は、写真家の基本知識とその対策について解説しています。かなり詳しく解説しているので、参考になるとも思います。

8位 結魂者

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★★☆ 繭包みの刑 網を張る / 糸を吐く / 網を吐く
特長
・各所にクモの巣のトラップを仕掛けれる
・自分はトラップを通過することで移動速度を上昇させれる
・遠距離攻撃も可能!


サバイバーの逃げ道をなくす蜘蛛の糸

結魂者は、存在感0の状態から自身に有利な領域を形成できるハンターです。

スキル「網を張る」は、様々な場所に短時間で蜘蛛の糸を設置するスキルで、ここを自分が通れば、移動速度とその他の行動速度が加速し、サバイバーが通れば、糸が絡んだ回数に応じて移動速度や行動速度が低下させます。

また、一部を除くサバイバーのモーションをキャンセルする効果の他、その輪郭を表示させる効果もあるので、結魂者は板・窓枠の駆け引きやフェイントに強く、もし距離を取られても追いつきやすい強力なハンターと言えるのです。

ダメージ判定もある糸吐き

結魂者の存在感が1000溜まると、スキル「糸を吐く」が使用できるようになり、命中すると通常攻撃の半分のダメージを与え、サバイバーに糸を通った時と同様の効果を付与できます。

このスキルにも、行動キャンセル効果があるので、月の河公園のジェットコースターで逃げられそうな時や救助狩りしたい場合に重宝するでしょう!

繭包みキャンプで誰も寄せ付けない

結魂者のもう一つの強みは、ダウンしているサバイバーを任意の場所でチェア拘束状態(繭包み)にできるところです。

糸を張り巡らせやすい、あるいは付近に板・窓枠がないところでこの状態にできれば、救助失敗やトンネルをしやすくなり、その場で繭包みにすれば、風船救助も阻止できます。

大量の糸を消費するので、いつでも使用できるわけではありませんが、かなり強力なスキルであることには違いません。


まとめると、結魂者は初心者でも扱いやすく、糸があればサバイバーを追い詰めやすいハンターです。

オススメの内在人格


結魂者は、硬直の発生しない糸吐きと糸加速でダブルダウンを取りやすいので、これが狙いやすくなる「狂暴」がおすすめです。

狂暴は、ロケットチェアにサバイバーを拘束している時に攻撃回復速度が最大25%上昇する内在人格です。

これに、ロケットチェア発射までのカウントダウン速度を最大9%上昇させる「コントロール」などを組み合わせれば、試合展開が良くなると思います。

結魂者は板破壊速度が遅いので、それをカバーできる「破壊欲」もおすすめです。


糸の残量に注意!

結魂者の糸の設置、糸吐き、繭包みには、いずれもクモの糸が必要です。
クモの糸は時間とともに溜まり、存在感が最大でその生産量が増加しますが、スキルを連発すると、あっという間になくなってしまいます。
クモの糸がなければ、強みを活かせなくなるので、極力節約するようにしましょう!




下記動画(0:30~)は、糸吐きの仕様やテクニックについて解説しています。


9位 白黒無常

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★☆☆ 双魂 諸行無常 / 吸魂揺魂 / 諸行無常-増強
特長
・性能の違う2人のハンターを切り替えて臨機応変に戦える
・長距離、短距離両方に活かせる瞬間移動
・サバイバーに状態異常をかけられる


移動速度が速く射程の長い白無常

ゲーム開始時は移動速度が速く、射程が長い「謝必安(白状態)」で始まります。

気絶回復時間が長く、攻撃の発生が遅いのが欠点ですが、溜め攻撃のリーチが異常に長く、それを活かした立ち回りが得意です。

また、一つ目のスキル「吸魂」を使用すると、5秒間窓枠やでのアクションができなくなりますが、移動速度が大幅に上昇し、距離を取られても楽に追いつくことができます。

さらに、この状態でサバイバーに近づいて魂を吸い続ければ、救助や板・窓枠操作など全てのアクションを不能にさせ、謝必安の幻覚が見させられるため、救助狩りやサバイバーの追撃に強いのです。

気絶回復と攻撃発生が速い黒無常

「諸行無常」というスキルを使えば、「范無咎(黒状態)」に変更できます。

范無咎は、移動速度が遅いのが弱点ですが、気絶回復及び攻撃発生速度が速いのが特徴です。

この状態では、サバイバー動きを強制的に一瞬止めて、調整を発生させる「揺魂」を使用できます。

この強みは、ぎりぎり届かない距離でも攻撃を間に合わせられるところとスキルチェック中のサバイバーは板・窓操作および救助ができなくなる点で、あらゆる場面で重宝するでしょう!

また、サバイバーが調整に2回失敗すれば、操作が反転するので、范無咎から逃げるのは一層難しくなるでしょう。

序盤から使える瞬間移動

白黒無常はマッチ開始直後から「諸行無常」という白状態と黒状態を入れ替えるスキルを使用できます。

これは、スキルボタンを長押すると、その時間に応じた距離を壁や障害物を透過して瞬間移動する効果もあり、おおまかなスポーン位置を覚えておけば、かなり早い段階かつ有利なポジションでチェイスを始めることが可能です。

また存在感が最大になれば、着地時に「揺魂」または「吸魂」の効果を付与する白黒無常を中心とした円形のエリアを発生させられるので、その後の暗号機巡回や入り組んだエリアでの追撃でも活用できます。

この「諸行無常」と白状態での「吸魂」を組み合わせれば、高速暗号機巡回ができるため、白黒無常は補助特質「監視者」や「異常」を用いた遅延戦術が得意です。

また、相手や状況に応じてモードチェンジできるので、白黒無常は特に大きな弱点がない優秀な万能ハンターだと思います。

オススメの内在人格


白黒無常は、「諸行無常」瞬間移動に近い動きが可能なため、ゲートが開ける状態になるとワンパン状態になる「引き留める」がおすすめです!

この内在人格と「幽閉の恐怖」を採用すれば、諸行無常で一気にゲートまで移動してサバイバーをダウンさせつつ、補助特質「監視者」で開門を妨害する立ち回りができます。

瞬間移動のタイミングに注意!

諸行無常で飛ぶ瞬間は完全に無防備になり、オフェンスのタックルなどで簡単にキャンセルされてしまいます。

状況によっては、戦局が変わることもあるので、気絶攻撃できるサバイバーには注意しましょう。




下記動画(0:07~)は、実際のプレイ動画を用いて白黒無常の強みや立ち回りについて解説しています。


10位 芸者

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★☆☆ 「三役」 刹那生滅 / 離魄移魂
特長
・移動、探索能力が非常に高いスキル
・障害物を無視して距離を詰められる


強力なチェイス・索敵能力

芸者の持つ「刹那生滅」は、や窓を含む障害物を無視してサバイバーの元へ急接近するスキルです。

これは存在感0の状態から使用できる強力なスキルで、サバイバーが見える範囲にいれば、その上にアイコンが表示されるので、芸者は序盤からチェイスと索敵の両方に力を発揮するのです。

しかも、クールタイムも8秒と短めなので、対策できていない人が相手なら圧倒的な強さを発揮できます!



上空から索敵

存在感が1000になると、空中に飛び上がってサバイバーを探すことのできる「離魄移魂」が使用できます。

このスキルを発動して空中に飛び上がった状態でも、「刹那生滅」が使用できるため、かなり離れたところにいるサバイバーでも一瞬で距離を詰められます。

ただし、これが最も力を発揮するのはキャンプしている時です。

空中に飛び上がって「刹那生滅」を発動させた後、着地する直前に攻撃を行うと、硬直を経ずに通常攻撃を仕掛けられるので、救助狩りを狙いやすいのです!

なお、「刹那生滅」を使わなくても、補助特質「神出鬼没」を利用することで、同様のことを行えます。

対策が取られやすい

芸者は、サバイバーとの間に障害物があっても、それを無視できるのが強みです。

しかし、顔を見られていると、刹那生滅が使用できなくなります

ある程度慣れている人だと、顔を注視しながらカメラコントロールで後ろを確認できる上に、それができなくても間の障害物に密着することで簡単に対策できてしまうのです。

さらに、攻撃の射程がそこまで長いわけではなく、刹那生滅発動時や攻撃を行った際の般若相と顔を注視されている間の狼狽相の時は、移動速度が比較的遅くなるため、強みを活かせないどころか、不利な立場に置かれてしまうこともあります。

そのため、芸者を使用する際は、横顔を見せて刹那生滅を発動させたり、カメラ視点を適切に変更するテクニックは必須です。

また、攻撃は急旋回で避けられやすい上に、射程がそこまで長いわけではありません。それに、刹那生滅発動時や攻撃を行った際の般若相と顔を注視されている間の狼狽相状態の時は、移動速度が遅くなります。

そのため、芸者を使用する際は、横顔を見せて刹那生滅を発動させたり、カメラ視点を適切に変更するテクニックがないと、強みを活かせないどころか、不利な立場に置かれてしまうことも多々あるのです。

以上を総合すると、芸者は強力なスキルを持っていますが、対策されやすく、強みを発揮しにくいハンターです。

狭い範囲での板グルに注意!

湖景村などの一部マップには、狭い範囲で板グルできるポジションがあります。

こうした場所では、芸者のスキルを活かしにくく、攻撃判定もそこまで強いわけではないので、他のハンターよりも苦戦を強いられます。

ファーストチェイスの相手が板の駆け引きに強かった場合は、諦めて他のサバイバーを狙いましょう。



下記動画(0:35~)では、刹那生滅のテクニックについて解説しています。

11位 泣き虫



使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 腐敗の領域 / 無限の命 怨霊消滅 / 再生 / 安息の道 / 斬怨
特長
・怨霊を吸収して加速!
・壁貫通攻撃ができる
・救助狩りが得意


怨霊で壁貫通攻撃!

泣き虫ロビーは、怨霊を引き寄せて壁貫通攻撃を行えます。


このスキルはゲーム開始時から使用でき、当たれば通常攻撃一回分のダメージを与えることが可能です。たとえ外しても、吸収して加速効果を得られるため、かなり強力なスキルと言えます。


さらに存在感が最大になれば、吸収した時に残骸を任意の方向に飛ばしてダメージを与えられるので、サバイバーが逃れるのはより困難になるでしょう。


しかし、漂っている怨霊の位置を操作することはできないので、実戦で引き寄せ中の攻撃を行うのはかなり難しいです。

ただ、補助特質「監視者」でサバイバーの動きを遅くしつつ、正確な位置を把握できれば多少当てやすくなると思います。

自分に有利な領域を作れる



怨霊による攻撃を行うには、それを漂わせる安息松が近くにないといけません。


泣き虫は、安息松の枝を同時に3本までストックして、任意の場所に植えることができ、近くに複数本設置することもできるため、自身に有利な場所を作れます。

特に、補助特質に「監視者」を採用してのキャンプや暗号機が密集している場所を立ち回る時は最強クラスのハンターかもしれません。

安息の道で加速!



存在感が1000溜まると、「安息の道」を使用できるようになります。効果範囲も広く、その上では全ての行動速度が速くなるため、あらゆる用途に使えます。


例えば、サバイバーに追いつきたい時や逃げ道をなくしたい場合、サバイバーをダウンさせたけどチェア拘束できるかわからない時など、挙げればきりがありません。


しかし、この効果範囲は直線的で高低差に弱いため、使うタイミングは注意してください。


以上のように、泣き虫は非常に強力なスキルを持っていて、上手く立ち回れば即ダウンや救助狩りも簡単にできるハンターです。


しかしながら、通常攻撃の射程は短く、怨霊を当てるには相当なエイム力が必要となります。

また、近くに安息松がないと力を発揮できず、高低差にも弱いため、安定した活躍が難しいハンターと言えそうです。

おすすめの内在人格


泣き虫は、救助狩りが得意なハンターなので、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する「コントロール」がオススメです!

これに「指名手配」などのキャンプ特化した内在人格を採用し、補助特質を変更できる「裏向きカード」などを組み合わせるといいかもしれません。

枝を小まめに取ろう!

泣き虫は、遠距離から壁貫通攻撃できる強みを持ちますが、付近に安息松がないとその力を十分に発揮できません。


サバイバーは安息松を破壊できるので、常に1本以上はストックするように意識しましょう。






下記動画(0:50~)は、泣き虫の基本知識と小技について解説しています。

12位 狂眼

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★☆☆☆☆☆ 制御台 / 監視装置 / 仕掛け壁 制御端末 / オーバークロック
特長
・ダメージと妨害に使える「壁」建築
・監視装置でサバイバーの位置を特定できる
・他ハンターと比べても足が速い


監視装置で上空から索敵!

狂眼バルクは、マップの各ポイントに出現する制御台を操作し、上空から一定範囲内を監視装置で観察できます。

存在感に関係なく操作できるだけでなく、移動せずともマップのほぼ全域を見渡せるので、索敵性能はハンターの中でもトップクラスです。

サバイバーの逃げ道をなくす仕掛け壁!

監視装置でマップを見ている時は、視界内の任意の場所に仕掛け壁を生成できます。

この壁が地面から盛り上がる時に、付近のサバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられるので、建築士は、そこから動かずとも解読や開門などの妨害をしつつ、ダウンも狙えるのです。

また、仕掛け壁は障害物としても機能するため、進路を塞いだり、解読・開門を封じたりと攻撃以外の用途にも使用できます。

なお、サバイバーは、これを乗り越えることもできますが、その場合は1回分のダメージを負うため、キャンプや障害物が多い場所では、かなりの強さを発揮します。

特に存在感が溜まって、仕掛け壁の設置クールタイムとエネルギー消費が大幅低下するオーバークロックが使えるようになると、もはやチェイス?なにそれおいしいの?状態になります。



度重なる弱体化で以前ほど強くはなくなったかも…

建築士は、仕掛け壁の操作に慣れた人が使えば、チェイスを一切せずにサバイバーをダウンさせて、遠く離れた暗号機の解読の妨害できる優秀なハンターです。

もちろん、使いこなすにはかなりの技術や慣れが必要ですが、強い部類のハンターであることは間違いありません。

しかし、現在に至るまで仕掛け壁の消失時間をはじめとする弱体化が何度も行われ、対策されやすくなってしまいました。

以前は、サバイバーにほとんど解読させないままダウン取って、救助をほぼ不可能にできるほどの圧倒的な性能を持っていましたが、それほどの強さは現在なくなってしまいました。

オススメの内在人格


狂眼は、仕掛け壁を用いた遠距離攻撃や解読妨害を中心とする全体負荷的立ち回りが得意なため、攻撃が命中したサバイバーの治療時間が最大30%増加する「崩壊」がおすすめです。

これに、ダウンしたサバイバーの自己治療上限を低下させる「後遺症」や治療や解読を遅延させる「パニック」も相性がいいと思われます。

もし仕掛け壁の設置に慣れていない場合は、「獲物を追う」や「狩猟本能」などの加速系スキルの他、「裏向きカード」を採用し、前半は「神出鬼没」を使いつつ、終盤は「瞬間移動」に変更する戦術もおすすめです。


制御台のエネルギー残量に注意!

制御台のエネルギーは、操作しているだけでも減り、仕掛け壁を生成すればさらに減ります。

また、サバイバーも制御台を操作してエネルギーを消費させられるため、できるだけ短い時間で操作を完結させながら、複数の制御台や暗号機を見るように意識しましょう!!



下記動画(0:50~)は、建築士の能力と立ち回りについて解説しています。


13位 魔トカゲ

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★☆☆☆ 呪われた体 落下 / ハンタージャンプ / 落下攻撃 / 熱狂 / 蛇の化け物
特長
索敵・奇襲特化のハンタージャンプ!
・壁貫通着地攻撃ができる
・攻撃判定が強い!


汎用性抜群のハンタージャンプ!

魔トカゲは、存在感0の状態から「ハンタージャンプ」で空高く跳び上がれます。

これにより、壁などの障害物を飛び越えて索敵しつつ、多段ジャンプ(存在感が溜まるまでは2段、最大で3段)でサバイバーとの距離を一気に詰められるのです。

しかも、ジャンプするタイミングで方向転換することもできるので、ある程度なら小回りを利かせることもできます。

そのため、魔トカゲはサバイバーを発見しやすく、割れ窓理論などで距離を取られても、すぐに追いつけるのです。また、ジャンプは地上から湖景村の海岸にある船や聖心病院の2階にも登れるので、高低差にも強さを発揮します。


硬直の少ない落下攻撃!

ハンタージャンプ中は、任意のタイミングで地上に降りることができ、存在感が溜まると着地攻撃もできます。

この攻撃は硬直時間が短く、範囲内であれば壁を貫通して板を破壊できるので、かなり大胆なチェイスが可能です。

また、救助にも強く、あらかじめ救助に来そうな方向を確認できれば、そちらに向かって攻撃した後、ジャンプで距離を詰めて、着地攻撃、あるいは着地後の通常攻撃で救助狩りを狙えます!

ただ、落下するまでに若干時間がかかり、サバイバーからは攻撃範囲が表示されるため、動きをよく見て使わないと、避けられてしまうかもしれません。


ジャンプの使いどころが鍵

魔トカゲの通常攻撃は、若干射程が短いですが、発生がかなり速いです。

そのため、魔トカゲは急旋回や板の攻防にも強く、ジャンプが使えないづらいところでもある程度チェイスができます。

しかし、魔トカゲの最大の特徴である「ハンタージャンプ」は、天井がある場所などでは使用できず、飛んでいる最中に障害物に当たれば強制的に落下するので、いつでも強さを発揮できるわけではありません。

また、転換できるタイミングや方向の微調整が慣れるまでは操作が難しく、ジャンプ中のサバイバーの動きによっては、単純な動きでも時間を稼がれたり、見失う可能性もあります。

よって魔トカゲは、基本性能やスキルがそれなりに強いものの、狭い場所や天井がある場所に弱く、いつでも活躍できるハンターと言えなそうです。


おすすめの内在人格


魔トカゲは、存在感が1000溜まるまでは着地攻撃を仕掛けられないので、1段スキルをを解放するまで存在感を獲得し続ける「傲慢」がオススメです!

この他に「指名手配」などの探知系内在人格やチェアを早く発射できるようになる「コントロール」などを組み合わせて、キャンプに強くさせるのもいいと思います。

また、「獲物を追う」や「狩猟本能」などの加速系内在人格と傲慢の代わりに「裏向きカード」を採用して、序盤は「神出鬼没」や「監視者」を使いつつ、状況に応じて補助特質を変える構成もおすすめです!

スタミナ管理に気を付けよう!

ハンタージャンプは強力なスキルですが、スタミナによる制限があります。

時間とともに回復はしますが、スタミナがないと強みを発揮できないので、使う場所には注意しましょう。



以下の動画(1:25~)では、魔トカゲの能力や立ち回り、内在人格構成について説明しています。

14位 道化師

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★★★★ 「改造」 ロケットダッシュ / カーニバルダッシュ
特長
・移動と攻撃を兼ね備えた強力なロケットダッシュ
アイテムを拾うことでマッチ開始直後から使える
・攻撃判定が強い


移動と攻撃が一体のロケットダッシュ

道化師は、存在感が1000以上の時、高速で移動しながら衝突したサバイバーにダメージを与える「ロケットダッシュ」を使用できます。

このスキルは攻撃硬直が非常に短く、ダッシュで1ダメージを与えた後、通常攻撃による追撃を狙いやすいのが特徴です。

通常はダッシュ距離の制限があるのですが、推進器を使用することで存在感0の状態でも、障害物もしくはサバイバーに当たるか、スキルボタンを押して中断するまで走り続けることができます。

しかも、感度を調節することで、板間のすり抜けや180度ターンなどもできるようになるので、広い範囲を高速で索敵したり、フェイントをかけながらダッシュして相手の隙をついたりすることもできます。



臨機応変に武器を強化

推進器の他にも、治療速度が遅くなる「ドリル」と攻撃速度及びダッシュ速度が上昇する「翼」を拾って、武器に装着することができます。


この2つは、攻撃が命中しなくても外れてしまうのですが、相手や状況に合わせて対応することができるのが強みです。


例えば、ダブルダウンを狙いたい場合やオフェンス・傭兵などをダウン放置したいときにはドリル、推進機での索敵やダッシュ距離が微妙な場合には翼など、活用場面は多岐にわたります。

もちろん、内在人格と補助特質を組み合わせれば、さらに強さを発揮します。

「推進器」と「翼」をつけてロケットダッシュをしながら、補助特質「神出鬼没」で奇襲を狙ったり、「崩壊」や「パニック」、「後遺症」などの遅延系内在人格と補助特質「監視者」で、ドリルを入れてダウン放置したりするといった具合です。


通常攻撃も強力だが…

道化師の通常攻撃は、範囲が狭い反面、発生が非常に早いので、板の攻防や急旋回にはめっぽう強いです。

また、スキルボタンを長押してから離すと、ロケットダッシュの発生が早くなるので、救助の際は、恐怖の一撃をかなり狙いやすいと思います。

まとめると、道化師は攻撃判定が強く、高速移動しながらダメージを狙える強力なハンターです。

しかしながら、通常の移動速度は遅いため、序盤に推進器を見つけられないとかなり厳しくなります。

また、肝心のロケットダッシュは、板の先倒しや窓枠の乗り越えである程度対策できるだけでなく、呪術師や探鉱者などにより遠距離からキャンセルできるので、現環境ではあまり強いハンターとは言えません。

オススメの内在人格


道化師は、ロケットダッシュが使用できないと試合がかなり不利になるため、1段スキルを解放するまで存在感を獲得し続ける「傲慢」がおすすめです。

また、ダッシュがキャンセルされた時用に「獲物を追う」や「狩猟本能」など加速系の内在人格と窓枠を一定時間使用できなくする「閉鎖空間」を合わせて使うと、初動が楽になると思います。

補助特質には「神出鬼没」や「巡視者」を採用して、できるだけ早く存在感を溜めてしまうのがおすすめです!




障害物に注意!

ロケットダッシュは、判定が広めで攻撃を当てやすい一方、ちょっとした障害物にも引っかかりやすいです。

推進器の数は限られていて、道化師は存在感が溜まらないとかなり不利になるので、序盤は無理に攻撃を当てようとせず、手強そうならすぐにターゲットを変えましょう!

下記動画は、実際のランク戦を用いて道化師の立ち回りやテクニックを解説しています。

15位 断罪狩人

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★☆☆☆☆ 憎しみの重圧 チェーンクロウ / トゲのチェーンクロウ / 怒りのチェーンクロウ
・遠距離のサバイバーを引き寄せられるチェーンクロウ
・存在感が溜まると、スキルで0.5ダメージを与えられる
・障害物に当てれば移動にも使用できる


サバイバーを引き寄せるチェーンクロウ

断罪狩人の「チェーンクロウ」は、長い射程を持つスキルで、離れたサバイバーを引き寄せられます。

チェーンクロウを命中させても攻撃硬直は発生せず、窓枠や、低い障害物を貫通して引き寄せられるので、距離が取られていてもダメージを狙いやすく、板グルにもある程度なら対処できるのです。

もし外しても壁などに命中すれば、そこまで瞬時に移動して、着地点付近のサバイバーに減速効果を付与できるので、立て直しも図りやすくなっています。

また、存在感0の状態ではダメージ判定がありませんが、板・窓枠を乗り越えるタイミングなどで当てれば、恐怖の一撃が発動して、通常攻撃1回分のダメージを与えることができるので、即ダウンも狙えます。

存在感が溜まれば使い勝手が良くなる!

存在感が1000になると、チェーンクロウに0.5ダメージの攻撃判定が追加されます。

これにより、チェイス時間の短縮を図りやすくなるのですが、救助狩りにも強くなるのです。

どういうことかと言うと、チェーンクロウには至近距離で使うと、攻撃発生がかなり速くなる性質があり、チェーンクロウか通常攻撃で恐怖の一撃を当てられれば、厄介な救助キャラ「傭兵」相手にも救助狩りを成功させられるのです。

また、存在感が最大になれば、チェーンクロウが障害物に命中した時に限り、最大2回まで投げなおすこともできるようになるので、調整前よりも失敗時に立て直しが図りやすくなりました

現環境では活躍が難しいかも…

ここまで断罪狩人の強みを紹介しましたが、いくつか弱点もあります。

まず取り上げるのは、ファーストチェイスの弱さです。

試合開始時から行えるのは、通常攻撃のみで、他のスキルは使えません。その上、移動速度が遅く、攻撃の判定が弱いため、ファーストチェイスを苦手としています。

次に、チェーンクロウについてです。

チェーンクロスは、板や窓を無視できる強力でスキルですが、高い障害物は貫通しないため、壁に囲まれた場所は苦手としています。また、スキルボタンを押してからチェーンが投げられるまで若干時間がかかり、サバイバーを引っ張れても攻撃判定が弱いため、急旋回で避けられやすいのです。

もちろん、補助特質に「神出鬼没」か「巡視者」、内在人格に「傲慢」や「獲物を追う」などを採用しつつ

後半は「裏向きカード」で「瞬間移動」などに変更すれば、ある程度カバーできます。

しかし、最近では呪術師や探鉱者などのスタンキャラの他、占い師や調香師の攻撃を実質無効化できるサバイバーが増えているため、環境は決して良くありません。

そのため断罪狩人は、存在感が溜まれば決して弱くはないのですが、現環境には合ってないハンターかもしれません。

調整で序盤は強くなったが…

調整前の断罪狩人は、ファーストチェイスに弱い一方、存在感が最大になれば、引き留める無しで即ダウンを狙える強さも持つ大器晩成型のハンターでした。

しかし、先日行われたアップデートで、チェーンクロウが存在感0の状態から使えるようになり、通常攻撃の判定も改善されたので、ファーストチェイスにある程度強くなりました。

一方で、存在感最大時のチェーンと通常攻撃による即死コンボが使えなくなってしまったので、弱体化した面もありますが、ファーストチェイスをどれだけ早く終わらせられるかが重要な現環境では、総合的には強化されたと言えます。

ただ、チェーンクロウの避けられやすさは変わっていないので、そこまで強化されたとは言えないかもしれません。

もちろん、補助特質に「神出鬼没」か「巡視者」、内在人格にや「獲物を追う」などを採用しつつ、後半は「裏向きカード」で「瞬間移動」などに変更すれば、ある程度カバーできます。

オススメの内在人格


断罪狩人は、移動速度や妨害の面で難があるので、試合が始まってから120秒後に1度だけ補助特質を変更できる「裏向きカード」がおすすめです。

これをつけることで、臨機応変に対応しやすくなります。

この他に「獲物を追う」などの加速系内在人格や「コントロール」、「指名手配」など救助狩りに適したものを合わせて使うと、バランスが良くなると思います。

命中するまでのラグに注意!

チェーンクロウは強力なスキルですが、距離が離れていると命中するまでに時間がかかり、回避されやすくなります。

フェイントをかけるか、できるだけ避けにくい場所で使うようにしましょう!




(動画は1:39~)下記動画では、調整後の断罪狩人の能力について解説しています。

16位 復讐者

第五人格 ハンター ランキング

使いやすさ 外在特質 形態変化
★★★☆☆☆ 怨魂業火 もらい火 / パペット操作 / 多重パペット操作
特長
・移動、索敵両方に役立つパペットの能力
・パペットは自動でサバイバーを追尾、攻撃する
・パペットを利用した着地攻撃が強力


怨みの影で退路を遮断!

復讐者はチェイスすることで、「怨みの影」を召喚できる「もらい火」が溜められます。

怨みの影は、25秒間サバイバーを自動的を追跡し、攻撃を行うBOTのハンターです。

板破壊も自動で行い、サバイバーの真後ろにピッタリくっついている状態なら、少し障害物に引っかかったり、立ち止まったりするだけで攻撃を当ててくれます。

召喚してから動き出すまで若干の時間がかかりますが、挟み撃ちやチェイスルートの制限もできるだけではなく、風船救助対策や救助狩りにも利用できるので、汎用性は高いです。

しかも、もらい火は4人のサバイバーが動ける状態での解読成功やスタン攻撃を受けたときなどにも溜まり、怨みの影が消滅する前に戻せば、残り時間に応じて回収できるので、節約もできます。

汎用性抜群のパペット!

復讐者は、存在感が溜まると使用できるようになるパペットを任意の場所に設置あるいは投げることができます。

その付近にサバイバーがいればその輪郭を表示され、復讐者と場所の入れ替えが行えます。

パペットには、付近のサバイバーの輪郭を表示する効果の他、好きなタイミングで復讐者と場所を入れ替えて、少しの間、加速効果を付与する能力もあります。

復讐者は、このパペットを2つまで使用できるので、パペットをチェアの前に設置して、他のサバイバーを妨害しに行ったり、ゲートの前にパペットを設置して開門妨害しつつ、引き留めるで即ダウンを狙うこともできるのです。

しかも、パペットの索敵効果は空中でも発動し、場所の入れ替えもできるので、これを利用した連続攻撃も狙えます。

具体的には、揺れている暗号機やサバイバーを拘束しているチェアの方にパペットを投げた後、その真上で入れ替えを行って、サバイバーに一気に近づき、硬直のない着地攻撃と通常攻撃でダウンさせるといった具合です。

もし外しても、加速効果が発動し、クールタイムを挟めば何度でも場所を入れ替えられるので、追撃や立て直しをしやすくなっています。




自動で動くパペット!

パペットに「もらい火」を入れることで、怨みの影と同様に、自動で板を破壊して、サバイバーを追跡・攻撃してくれるBOTが生成されます。

怨みの影とは違い、一定の条件(パペットの破壊、本体と位置の入れ替え、攻撃が命中する)が発動するまで動き続けるので、挟み撃ちなどを狙いやすく、自動的に暗号機巡回も行ってくれるので、索敵にも強いのです。

また、パペットがどこにあっても、好きなタイミング(攻撃硬直中も含む)でもらい火を入れられるので、近づいたサバイバーに不意打ちをしたり、チェアの前において救助狩りを狙ったりすることもできます。

まとめると、復讐者はパペットと怨みの影を利用した同時・連続攻撃ができるハンターで、奇襲や救助狩りなど後半になるほど力を発揮します。

しかし、復讐者はファーストチェイスに弱く、パペットも対策されやすいので、そこまで強いハンターとは言えません。

オススメの内在人格


復讐者は、試合開始時に使えるスキルがないため、1段スキルをを解放するまで存在感を獲得し続ける「傲慢」がオススメです!

この他に「獲物を追う」や「狩猟本能」など加速系の内在人格と「引き留める」を組み合わせれば、有利に立ち回れると思います。


パペット破壊に注意

サバイバーは、復讐者の設置したパペットを破壊できます。

一瞬破壊操作をされるだけでも数秒動けなくなりますが、破壊されると一定時間スキルが封じられてしまいます。

破壊操作中にもらい火を注入したり、補助特質「瞬間移動」で直接パペットのところへ移動して対策しましょう!




下記動画では、おすすめの内在人格や復讐者のテクニックを解説しています。かなり参考になるので、よかったらご覧ください。

Twitterユーザーのおすすめハンター!

お名前(敬称略) おすすめハンター
爽乃
ひのひのり@第五人格
あしゅりー@第五人格
白蛇
めげ
おとくん@第五人格
第五人格探偵すこすこキラエビ

リッパー
りり[email protected]第五人格
おとくん@第五人格
くらたん。@第五人格
ヒナタ@低速なう
[email protected]第五人格垢

芸者
優希🤩第五人格
あい第五人格

白黒無常
[email protected]第五人格垢
復讐者
【璞】せら@第五人格
断罪狩人
りり[email protected]第五人格
道化師



ツイッターで第五人格ユーザーの方にアンケートを取ってみました!

ランキング上位のピエロや黄衣の王はおすすめキャラクターで上げる人が少なくリッパー芸者が人気のようでした!

断罪狩人アイコンにしている方も多く、実はかなり人気のようです

ランキングはあまりあてされていないようです!?


ツイッターでアンケートにご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました!

まとめ

第五人格のハンターは、それぞれ独自の強みがあり、内在人格や補助特質の組み合わせで、様々なプレイスタイルに変化させられます。

また、強さの方向性やサバイバーとの相性があるため、一概に性能を比較することは難しいのですが

今回はスキルと汎用性に重きを置いて、ランキング形式にてご紹介しました。

近々、複数のハンターに調整が入るそうなので、すぐにランキングの見直しが行われるかもしれませんが、皆さんはどのハンターが最強だと思いますか。ぜひコメント欄で教えてください。

耳鳴りスキルはハンター必須級!敵を即発見!?

道化師の評価~正しい使い方を覚えよう!

世界一速いアップデート最新情報



【エコーを無課金でゲットする裏ワザ!?】

様々なサバイバーとハンターが壮絶な鬼ごっこを繰り広げる第五人格/アイデンティティV

しかしながら全てのキャラを使うにはショップから手掛かりやエコーを使って購入しなければいけません


手掛かりで買うのは時間がかかりすぎるし、かといってエコーで買うには課金が必要になってしまいます

「好きで気になるキャラをすぐに無料で使えるようになりたい…」



という人は無料でエコーがゲットできる裏ワザを試してみましょう!



下のページではエコーを無課金で入手できる裏ワザのやり方を詳しくご紹介しています

サクッと新キャラを使いたい!というときはぜひチェックしてみてください!



掲示板 37

コメント

メールアドレスは公開されません。

次のHTML タグと属性を使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

37コメント

  1. 芸者刹那強いし弱いと言われてる理由がよくわかんない レオは存在感たまるとめっさ強いよね

    返信
  2. 下に行くにつれてみんな思ってるランキングと違うってなると思う

    返信
  3. 投票結果とランキング表記が噛み合ってねぇじゃねぇか

    返信
  4. 上位三体はなっとく。クモよりしたはテキトーすぎ

    返信
  5. 芸者の血塗れスキン当たったからお気に入りで使ってるけど、13位って言われるとなんか悲しいな、、、、。

    返信
    • 魔女使ってみた芸者専の感想は「美智子より射程無くね?」

  6. ハスターと蜘蛛が本当に無理かな私は

    でもうまい人リッパー多くない?なんで?

    返信
  7. 最近はタコ、女王、魔女の3強だろうな。
    次いで蜘蛛、リッパーって感じ。
    タコはマジで弱体化きて欲しいわ
    触手一本でポジションチェンジ必要になる
    とかヤバすぎる。リッパーの霧くらいの
    クールタイムつけろや

    返信
  8. 夢の魔女は1〜2人以上は確実に脱落させられるけど、3人以降が鬼ゲー。

    返信
    • 訂正
      『1〜2人以上』じゃなくて
      『1〜2人まで』

  9. 写真家の使いやすさ星5はおかしい
    大体のスポーン位置覚えてないとやってられない

    返信
  10. ハスターとか絶対強化前のじゃん

    返信
  11. 白黒8位はわけわからん。
    中位層だったら1位リッパー2位ジョセフ3位ハスターくらいで、下が芸者レオ鹿とかそんな幹事だろ。

    返信
  12. 邪龍の夢魔女は本当に勝てない

    返信
  13. 情報が中途半端だし古いよね。
    ハンター構成次第な部分あるし。
    リッパー、ピエロ、蜘蛛はどの環境でも誰が使ってもそこそこ行けるけど、ジョセフや泣き虫は相当な熟練度いるよね。
    ジョセフなんて使い慣れてないと、写真撮って無傷でウロチョロしてるだけだし。

    返信
  14. 断罪狩人くんさ、前(去年)に強くもなかった頃サイレントで下方修正されたけど最近になって強化が入る話があったんだよね
    …弱いのが普通になるだけじゃねえかと(変更内容は見てないけど)
    一番好きだが一番不憫なハンターだから弱いのが普通になるのを通り越して玄人向けの強調整になってほしいわ

    返信
  15. カラスの群れもうなくなってるよね?
    あとJUJU出たしピエロはもっと下だと思う、
    あとなんで魔女が使いやすさ星4なんだよそれならもっと使う人多いやろ

    返信
  16. 白黒もっと上じゃね? 通電前に1人以上飛ばしたらほぼ引き分け以上だし、4人残ってて通電してもそこから引き分け以上に持っていくことができるのは強いと思う。白黒は引き分け以上が多いね、勝てるかはプレイヤー次第だけど引き止めるさえついてれば、負けることは他のハンターよりも圧倒的に少ないね

    返信
  17. 魔女バルクの扱いやすさ白黒とかハスターと同じだったらもっとわんさか使ってる人いるだろ

    返信
  18. 初心者目線とかで使いやすさとか含めての強さならリッパーが1番強いのはわかるけど、最上位の人達のハンターでは夢の魔女バルク蜘蛛の3強でリッパーは弱いほう分類なのでそこは知っといた方がいいですよ!みなさん!

    返信
    • 裏向き出てからジョゼフ魔女リッパーの三強だよ
      弱体きてんのに脳死で蜘蛛バルク弱体banしてるやつはアホだから知っといた方がいいよ

  19. 一位は蜘蛛

    返信
  20. 上位では夢の魔女とバルクがめっちゃ強いですよ

    どのランクでも蜘蛛が一番当たりたくないですけどね

    返信
  21. 呪術師が入ってきた今ピエロはもっと下な気がする

    返信
    • 一位は蜘蛛じゃない?遊園地はリッパーかも知れないけど……..

  22. ガチで個人の感想www

    返信
  23. 蜘蛛ちゃんは今は最強ハンターでBANピックでも安定して蜘蛛BANが多いので蜘蛛が1位だと思います

    返信
  24. 夢の魔女使い方難しいんだよね〜
     
     でも上級者だとすごく強いですよ

    返信
  25. リッパーは本当に強い!上方修正来てよかった!霧の刃つおいw

    返信
  26. もうすこしで医師の上方修正がきます
    その内容は0.5ダメージ回復という内容
    です。なので、ジョセフのワンパンが
    使えなくなるのですこし弱くなります

    返信
  27. ピエロは個人的だけどあんま強くないなー

    返信
    • youtubeに投稿してる赤の魔術師さんの動画見てもそれが言えたらすごい
      ピエロはプレーヤースキルや読みあい判定の広さを考えたらピエロはすごく強いです
      強く感じないのはランク帯が低いからなのでは?

  28. 確かに個人の感想だww

    返信
  29. まああくまで個人の感想だから ね ね?

    返信
    • そうだよねー😅
      (確かに)ww

  30. 瞬間移動強すぎ、チェイス強い、妨害も強い、傲慢いらん よって白黒無常はもう少し上

    返信
    • 本当それな!ww
      白黒もっと上やろ☝️☝️
      移動も速いし

37