総攻略ゲーム >  フォートナイト(FORTNITE)攻略wiki >  シーズン7バトルパスチャレンジ徹底攻略! >  ジップラインの場所!複数のマッチチャレンジ解説!
フォートナイト(FORTNITE)攻略wiki

【フォートナイト】ジップラインの場所!複数のマッチチャレンジ解説!

[更新日]2019/12/06

   0                   
    
             
    

フォートナイト(FORNITE)のチャプター2シーズン1「カオスライジング」にある、複数のマッチでジップラインを使うについて解説していきたいと思います。

たくさん経験値が貰えるチャレンジになっているため是非やりましょう。

また、わからない人向けにジップラインの使い方・特徴などもまとめておりますので、是非ご覧ください!


ジップラインとは?

ジップラインに乗ることによって早く移動することが出来ます。

マップ上の島に様々な場所にありますので、山の上などに登るときに資材を消費せずに登ったりできるので上手く活用しましょう。

ただ、いろいろとクセのある使い勝手なのでどんな使い方をするのか事前に知っておかないと理不尽なケースに驚くことも…

そこで今回の記事ではジップラインの使い方や場所についてご紹介していきたいと思います。


チャレンジの内容

ミッション名 カオスライジングチャレンジ
ミッション内容 複数のマッチでジップラインを使う(2)
報酬
経験値52000

複数のマッチでジップラインを使う(2)なので一度のマッチで二回使っても意味ありません。

別のマッチなら同じジップラインを使っても問題ありません。

経験値は52000と多く貰えるので是非クリアしましょう。


ジップラインの場所

ジップラインはこのように様々な場所にあります。

比較的マップの南にあるみたいです。

どこのジップラインを使ってもチャレンジの対象になります。


チャレンジの動画

れじぇくん様の動画で、複数のマッチでジップラインを使うの解説が見れます!

また、こちらの動画ではカオスライジングチャレンジの全てについて解説しています!


ジップラインの使い方・特徴


ジップラインに触れると滑って移動できる


▲画像を拡大する

ジップラインはマップの各地に張り巡らされており、ロープ部分に触れることで滑って素早く移動することができます。

ジップラインを使うことで移動速度が上がるだけでなく、高低差も滑って移動できるので余計な建築なども減らすことができます。

なお、ジップラインで移動する際は触れた時の向きによって方向が変わり、後ろ向きで乗ると逆走してしまいます。


ジップライン使用中は攻撃可能


▲画像を拡大する

ジップライン使用中は武器を使って攻撃することができます

そのため、移動中に襲われても武器を持っていれば反撃が可能です。


ただし、ジップライン中は操作がほぼできず、方向転換も不可能なため動きを読まれて非常に危険です。

そのため自分から攻撃するよりも襲われたときに追い払う程度にしてきましょう。


ジャンプボタンで途中で降りる

ジップラインは最後まで乗らなくても途中でジャンプボタンを押せば降りることができます

使用頻度はそこまで多くありませんが途中で降りて奇襲をかけたいときに役立つでしょう。

ただし、50vs50など一部のルール以外ではグライダーを再展開できず落下ダメージを受けることもあるので注意しましょう。


正面衝突すると落ちる

ジップラインに乗っている際に向かい側から相手と正面衝突するとその場で地面に落ちてしまいます。

高い所であれば落下ダメージも入ってしまうので向かい側に敵がいないかどうか乗る前に確認しておきましょう。

まとめ:二回にわけてクリアしよう!

今回のミッションは「複数のマッチ」でということなので2回にわけてクリアしましょう。

同じマッチで2回使ってもカウントされないので注意しましょう。



無課金でV-BUCKSを入手する裏ワザを公開!


フォートナイトの最大の魅力といえば


大量のスキンやアイテム

歯ごたえのあるチャレンジが同時に楽しめるバトルパス!

のポイントですね!



...しかしバトルパスやスキンの購入に必要なV-BUCKSは通常プレイでは入手不可能となってます


そんなときはこの知る人ぞ知っている裏ワザ使って無料でバトルパスを買っちゃいましょう!


「タダでフォートナイトを楽しみたい!」という方は要チェックです!



掲示板 0

コメント

メールアドレスは公開されません。

次のHTML タグと属性を使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0