総攻略ゲーム >  GameFi(NFTゲーム) >  NBA Top Shot(NBA トップショット)の始め方! 過去最高額の取引カードも紹介!
GameFi(NFTゲーム)

NBA Top Shot(NBA トップショット)の始め方! 過去最高額の取引カードも紹介!

[公開日]2022/04/03 

   0                   
    
             
    

本ページでは、『NBA TOP SHOT』(NBA トップショット)の始め方をまとめています。NFTの買い方、過去最高額の取引カードなどもまとめているので、これから『NBA TOP SHOT』を利用したい方は参考にしてください。

「『NBA TOP SHOT』って、なに?」
「『NBA TOP SHOT』の始め方が知りたい!」

と悩んでいる方向けの記事です。

『NBA TOP SHOT』(NBA トップショット)は、NBA公認のブロックチェーンゲームです。

人気のカードには1,000万円を超える値段が付くこともあり、バスケットボール好き以外にも投資目的でカードを購入する人もいます。

しかし、『NBA TOP SHOT』は日本語に非対応のため、初めてブロックチェーンゲームで遊ぶ方にはハードルが高く感じると思います。

そこで本記事では記事の前半では『NBA TOP SHOT』を解説し、後半ではゲームの始め方を画像付きで解説します。

この記事でわかること!

・『NBA TOP SHOT』の概要
・ゲームの始め方と具体的な手順
・NFTカードの購入方法
・NFTカードの価格相場

『NBA TOP SHOT』とは

『NBA TOP SHOT』とは

『NBA TOP SHOT』は、NBA(National Basketball Association)選手のプレー中のハイライトをNFTとして所有することができるサービスです。

NFTという言葉を初めて聞いたという方もいると思います。

簡単に説明するとNFTは、「シリアルナンバー付きのデジタル作品」です。

『NBA TOP SHOT』では選手のハイライト映像をNFTカードとして保管し、数量限定で発行しています。

数量限定であるため、

・お気に入りの選手のスーパープレーを手元においていつでも見たい。
・安く買って高く売りたい

いろいろな考えの方がゲームに参加し、現在ではプレイヤー数が100万人を超える大人気のブロックチェーンゲームになっています。

ここでは、大人気のブロックチェーンゲームである『NBA TOP SHOT』の魅力をご紹介していきます。

どんなゲームなの?

『NBA TOP SHOT』は、NBA選手のスーパープレイをカードにして楽しむことのできるデジタルカードゲームです。

どんなゲームが気になる方はまずはこちらをご覧ください。

カードとして保管されている映像はすべてNBA公式のものばかり。

ファンとしては、お気に入り選手の大迫力のプレイを保管したくなりますね。

そもそもNBAってなに?

NBAは北米で展開をする男子プロバスケットボールリーグ。

30チームの内29チームがアメリカ、1チームがカナダに本拠地を置いています。

世界最高のバスケットボールリーグとされており、世界中のスポーツリーグ全体で見ても屈指の人気と経済規模を誇ります。

日本では1990年にマイケル・ジョーダン率いるシカゴブルズで人気になりましたね。

ここまでで『NBA TOP SHOT』の全体像がつかめてきたと思いますので、ここからは具体的にゲームの解説に入っていきます。

参考:数値で見るNBA

NBA所属チーム数:30チーム
選手の平均身長:203センチ
選手の体重:104キロ
NBAの登録人数:450人(世界のバスケットボール人口は4億5千万人)
(2017年時点での数値)

NBA公式

扱う仮想通貨は?

『NBA TOP SHOT』はブロックチェーンゲームです。

私たちが日常的に使用する「円」「ドル」といった現金では買えません。

仮想通貨を用いてカードを購入します。対応している仮想通貨は

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・DAI(ダイ)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・USDC(ユーエスディーシー)

です。
(記事執筆時点)

対応のウォレットは?

ウォレットは仮想通貨を入れるお財布のことです。

仮想通貨を初めて手に入れるときには「円」を使って仮想通貨を購入します。

しかし、仮想通貨を取引所で持っているだけではカードは買えません。

ウォレットというお財布に入れておかないとブロックチェーンゲームなどでは使うことはできません。

『NBA TOP SHOT』にはゲームで使える専用のウォレットがあります。

『NBA TOP SHOT』の運営会社・Dapper Labs社が提供するゲームで使用できる「DAPPER WALLET」があります。

DAPPER WALLETに仮想通貨を入れて、カードを買うことができます。

モーメントってなに?

『NBA TOP SHOT』を見ていると、モーメントという言葉を見かけると思います。

モーメントは「NFT化された選手のハイライトの映像」です。

モーメントは以下の情報が書かれています。

モーメント
・プレイヤー名
・プレイタイプ
・セット(シリーズ名)
・シリアル番号/合計モーメント数
・日付

またモーメントにはレア度が設定され、発行枚数も違います。

・Common(コモン):10,000点以上。
・Rare(レア):500~5,000点
・Legendary(レジェンダリー):50~500点

買えるのはカードパック、マーケットプレイスです。

モーメントにはスコアがあり、スコアの合計値を「モーメントスコア」と呼びます。

モーメントスコアが低いと買えないカードパックもあるので、コレクションをしていく中ではRare以上を集めていきたいですね。

モーメントスコア

(図:筆者のモーメントスコア)

日本での評判は?

日本での評判ですがスポーツNFTの先駆けのゲームとして注目度は高いです。

バスケットボール好きの人だけでなく、スポーツ全体の発展を願って応援している人が多いようです。

『NBA TOP SHOT』の始め方

『NBA TOP SHOT』の始め方

ではここからは、実際に『NBA TOP SHOT』に必要な手続きを行っていきましょう。

仮想通貨の口座開設

カードを仮想通貨で買う場合には、仮想通貨取引所での口座開設が必要になります。

まだ仮想通貨取引所で口座開設していない人は、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」がおすすめです。

コインチェックの特徴は3つ。

①手数料が無料

コインチェックは、仮想通貨の購入に関わる取引手数料が無料

②国内で最も使われている

コインチェックは2021年にアプリのダウンロード数410万人を突破するなど国内のユーザー数は圧倒的です。

多くの人が使っているというのは安心ですね。

③NFTが購入できる

コインチェックは日本国内でNFTが買えるマーケットプレイスです。

2022年3月より、NFTの取り扱いで「Decentraland(ディセントラルランド)」という大型のゲームもコインチェックで購入できるようになりました。

コインチェックの口座は『NBA TOP SHOT』以外でも使うので、開設しておくことをおすすめします。

ウォレットの用意

仮想通貨でNFTを買うには必須ともいうべきウォレットが「メタマスク」です。

『NBA TOP SHOT』にはDAPPER WALLETがありますが、DAPPER WALLETは『NBA TOP SHOT』の専用のためほかで使用できません。

カードは『NBA TOP SHOT』のマーケットプレイス以外でも販売をしています。

そのため「メタマスク」用意をしておくことで、ほしいカードを手に入れる機会が増えます

『NBA TOP SHOT』で、カードを買う前の手順としてぜひ用意しておいてください。

メタマスク

メタマスクの設定手順

メタマスクの公式サイトへ移動する
②ダウンロードをクリック
③chrome、IOS、Androidから選択
④chromeの場合は拡張機能に追加を選択
⑤メタマスクのセットアップ

詳細なメタマスクの始め方

メタマスクを使用する上で気を付けなくてはいけないのは「リカバリフレーズ」の扱いです。

リカバリフレーズは、メタマスクの暗証番号のようなものです。

これを第三者に知られてしまうと、メタマスクの中に入れてある仮想通貨やNFTはすべて抜き取られてしまうことになります。

リカバリフレーズの保管方法は紙で印刷し、パソコン内に保管しないことです。

リカバリフレーズは運営側も聞くことは決してありません。

・リカバリフレーズを教えてほしい
・アカウントがロックされた
・復旧にはリカバリフレーズが必要です

などのように聞き出そうとされた際には用心し、一度カスタマーサポートへ連絡することを強くおすすめします。

アカウントの作成方法を簡単7ステップで開設

『NBA TOP SHOT』のアカウントの設定方法を画像付きで解説します。

①公式へアクセス

NBA TOP SHOT公式

②Sign in(サインイン)をクリック

サインイン

③サインアップ

サインアップ

・Googleでログインするのか別のアドレスでログインするかは選ぶことができます。

④規約に同意

規約に同意

書いてある内容は

・個人情報の取扱いに同意します

という内容です。

よろしければ「AGREE(同意)」を押してください。

⑤セットアップを開始

⑥好きなチームの選択

好きなチームの選択

セットアップが終わると好きなチームの選択画面になります。

好きなチームを選択してください。

⑦完了

アカウント作成は終わり

この画面までいけば、アカウント作成は終わりです。

⑧スターターパックの購入(任意)

購入するか確認が表示されます。

この時点では個人情報の登録が済んでいないので「SKIP」しましょう。

個人情報を終えずに購入しようとすると以下のような画面が出ます。

本人確認

書かれている内容は

“本人確認
金融規制を遵守し、コミュニティの安全を守るため、お客様の本人確認をさせていただいております。本人確認を行うには、政府発行の有効な身分証明書(パスポートまたは運転免許証)が必要です。“

個人情報の登録を終えてからカードパックは購入しましょう。

個人情報の入力

アカウントの作成まで終えたらもう一息です。

カードの購入には個人情報の登録が必要になります。

①アカウント確認をクリック

アカウント確認

②MY DAPPER WELLETをクリック

MY DAPPER WELLET

③入金金額をドルで入力

ドル

④個人情報の入力を求められるので、同意

個人情報の同意

⑤Passportを選択

Passport

⑥免許証またはパスポートを提出

免許証またはパスポート

アプリ上で免許証またはパスポートを写真で撮影し提出します。

提出したら個人情報の登録は完了です。

『NBA TOP SHOT』のNFTカードの買い方

NFTカードの買い方

さあ、ここからは『NBA TOP SHOT』の最大の楽しみでもある、お気に入りの選手のモーメントを探しましょう。

カードを手にいれる方法は2つ。

・カードパックの購入
・お気に入り選手のカードをマーケットで購入する

順番に解説します。

カードの買い方

カードの買い方は2つ。

クレジットカードと仮想通貨で購入する方法です。

どちらの購入方法であっても、個人情報の登録が済んでいないと登録を促す表記が出ますので、カードを買う前に済ませてください。

クレジットカードで購入

仮想通貨を用意するのが大変だという方は、クレジットカードまたはデビットカード(VISA、Master)での購入方法をおすすめします。

仮想通貨で購入

普段から仮想通貨でNFTを購入している方はこちらの方法がおすすめ

対応通貨は

・BTC
・ETH
・DAI
・BCH
・USDC

カードパックを購入する

人気のカードパックはすぐに買えず、一般の店頭販売のように購入までに順番を待つ必要があります。

一部のカードには購入するのに条件があります。「チャレンジ」と言われる購入方法で

・モーメントスコア〇以上

のような条件付きとなっています。

NBA TOP SHOTのカードパックを購入する

欲しいカードを『NBA TOP SHOT』のマーケットプレイスで買う

ほしいカードが決まっている場合には、マーケットプレイスで購入できます。

カードは外部のマーケットプレイスでも購入が可能です。世界で最もユーザー数の多いNFTマーケットプレイスに「Open Sea」があります。

Open Seaでもカードの売買はありますので、欲しいカードが見つからないときにはぜひ使ってください。

NBA TOP SHOTマーケットプレイス

『NBA TOP SHOT』のNFTカード最高額(取引価格)ランキング

NFTカード最高額(取引価格)ランキング

『NBA TOP SHOT』の記事執筆時点での取引ランキングを表にしました。

トップ10の内7つはレブロン・ジェームス選手のカードが選ばれています。

順位 価格 選手名・詳細
1位 2760万2760 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2020年10月11日に行われたNBAファイナル第6戦の第3Q後半、ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、レブロン・ジェームズがマイアミ・ヒートのディフェンスを振り切ってリムに向かって大スラムを炸裂。ジェームズは第6戦で28得点、14リバウンド、10アシスト。
キャリア4度目の優勝とロサンゼルス・レイカーズのフランチャイズで17度目の優勝を果たしました。
2位 2520万 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2020年2月6日、ウェスタンカンファレンスの敵、ヒューストン・ロケッツを相手に両手逆風車スラムを投下。
3位 2496万 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2019年11月15日、ウェスタンカンファレンスのライバル、サクラメント・キングスに対してレーンをドライブし、ワンハンドスラムを投下した。
4位 2148万 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2020年2月6日、ウェスタンカンファレンスの敵、ヒューストン・ロケッツを相手にショータイムの両手逆風車スラムを投下。
5位 1682万2800 FRED VANVLEET(フレッド・バンブリート)
2020年12月31日、所属するトロント・ラプターズがニューヨーク・ニックスを撃破し、25得点、7アシストでフィニッシュ。
6位 1500万 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2020年2月6日、ウェスタンカンファレンスの敵、ヒューストン・ロケッツを相手に両手逆風車スラムを投下。
7位 1380万 ZION WILLIAMSON(ザイオン・ウィリアムソン)
2020年1月24日のデンバー・ナゲッツ戦、ニューオーリンズ・ペリカンズのルーキー天才ザイオン・ウィリアムソンが、スワットでペイントを守る。
8位 1327万4760 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2020年2月6日、ウェスタンカンファレンスの敵、ヒューストンロケッツを相手に両手逆風車スラムを投下した。
9位 1320万2760 LEBRON JAMES(レブロン・ジェームズ)
2019年11月15日、ウェスタンカンファレンスのライバル、サクラメント・キングスに対してレーンをドライブし、ワンハンドスラムを投下した。
10位 1200万 JA MORANT(ジャ・モラント)
2019年12月11日、メンフィス・グリズリーズのルーキー、ジャ・モラントがフェニックス・サンズのディフェンスの上に舞い上がり、右手の巨大ジャムを投下。

『NBA TOP SHOT』の小ネタ情報

『NBA TOP SHOT』の小ネタ情報

日本語には対応をしているの?

『NBA TOP SHOT』は日本語には非対応です。

英語で分からない点はグーグル翻訳を使っていきましょう。

出金するときにパスポートがいるの?

『NBA TOP SHOT』の利用では個人情報の提出が求められます。

カードの購入や入金時には「パスポート」または「運転免許証」、出金時には「パスポート」の登録を求められます。

理由は、仮想通貨やNFTが不正なお金として扱われないようにするためのルールの一つです。

すべてのブロックチェーンゲームで同じことが起きるわけではありませんが、『NBA TOP SHOT』で遊ぶためには個人情報の提出が求められます。

売り上げの推移は?

『NBA TOP SHOT』は2020年11月にリリースされ、約6か月後の2021年5月に7億ドルの売り上げを達成。
(日本円で約700億円)

ユーザー数は100万人、SNSのフォロワー数も増えています。

Twitter:28万8502人
Discode:22万3450人
Instagram:13万5855人
(2022年3月31日時点)

『NBA TOP SHOT』公式情報

公式情報

ゲームを楽しむためには常に最新情報を手にいれましょう。

例えばホームページにはこれから出すカードの新作情報やカードのプレゼント企画の情報も載ります。

© 2022 Dapper Labs, Inc.

© 2022 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved.

【まとめ】NBA公認のNFTカードを集めが楽しい!

これまでをまとめると『NBA TOP SHOT』は

まとめ

・NBA公認のNFTカードゲーム
・海外のバスケットボールファンが多く、カードには高額な価格がつくことも
・カードの購入には免許証やパスポートの登録が必要
・仮想通貨を使わなくてもカードの購入ができる

ぜひお気に入りの選手のカードをみつけ、楽しんでください。

この記事を書いた人
どこにでもいるただの会社員が初めて遊んだNFTゲームが面白くて何も調べずに200万突っ込んだら貯金がほぼ無くなりどん底転落。

その後、最後の投資だと思い寝る暇を削って調べ尽くし、Twitterで話題のSTEPNにチャレンジ。

初心者でも簡単に10分で3000円稼げてびっくりしてドはまりで200万回収+貯金生活に!

このサイトに来ていただいた方にはそんな過去のツライ経験をして欲しくないので、

毎日8時間以上GameFiの海外情報や最新情報を調べた内容を初心者の方でも分かりやすく発信してます!

掲示板 0

コメント

メールアドレスは公開されません。

次のHTML タグと属性を使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0