総攻略ゲーム >  GameFi(NFTゲーム) >  NFTで売れるものを徹底調査!実際に高額で売れたものの額がヤバすぎる!
GameFi(NFTゲーム)

NFTで売れるものを徹底調査!実際に高額で売れたものの額がヤバすぎる!

[更新日]2022/04/04

   0                   
    
             
    

「NFTって何が売れるの?」
「どんなものがいくらで売れるのか知りたい」
「具体的なNFTの売り方が知りたい」

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「NFTで売れるもの、具体的な売り方」を実践すれば、初心者でもNFTを理解でき、売ることができます!

なぜなら、実際にボクもこの方法でNFTのコレクションを作り、販売ができたからです。

記事前半ではNFTで売れるものについて、後半では具体的な方法を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事でわかること!

・NFTの概念
・NFTで売れるもの
・過去に高額取引されたNFT
・NFTを売るための手順

NFTではどんなものが売れるのか?

NFTで売れるもの

NFTではどんなものが売れるのか。結論は「何でも売れる」です。

その理由について解説します。

NFTとは

NFTで売れるものを解説する前に、NFTについて簡単にご説明します。

NFTは「Non-Fugible-Token」(非代替性トークン)の略語です。

聞きなれないと思いますので、整理します。

・代替性(だいたいせい):替えがきく
・非代替性(ひだいたいせい):替えがきかない。唯一無二

つまり、デジタル作品を替えのきかないデータに変えたものをNFTといいます。

替えがきくものの代表格は、お札や仮想通貨が挙げられます。

例えば、あなたの持っている1万円と私の持っている1万円は同じで、いつでも、どこでも1万円の価値は変わりません。

反対に替えがきかないものの例は、アーティストのコンサートチケットなどです。

これは番号などが振られており、無くしたら替えがありません。

NFTは、アートや音楽、ゲームなどデジタルの世界に替えのきかないデータとして残るため、価値がつくのです。

NFTで売れるもの

ではNFTでは、どのようなジャンルが売れるのか。以下のように整理をしました。

NFTで売れるもの 一例
音楽 イラスト ゲーム内のアイテムなど
免許 会員権 デジタルファッション
デジタルの土地 写真 音声データ

ここにも書ききれないジャンルがあります。

デジタル化するものはすべてがNFTにできるため、結論は売ろうと思えばなんでも売れます。

NFTの取引事例

NFTの取引事例

実際にどのようなNFTが取引されているのでしょうか。

日本と海外の代表的なNFTコレクションを取引高(NFTの取引の合計)でまとめランキングにしてみました。

売れているNFTランキング

海外コレクション

コレクション名 取引高(円)1ドル110円で計算
Karaful 121億6757万1130
Azuki 120億9415万9990
Bored-Ape-Yacht-Club 112億1912万9790
Crypto Punks 100億3728万2090
CloneX 100億1422万5100
Axie Infinity 93億2969万4880
Invisible Friends 87億6316万9690
Mutant-Ape-Yacht-Club 75億5845万6730
Cool Pets 72億5490万1500
Pixelmon 70億5033万1530

参考:CRYPTO SLUM!

日本のランキング

コレクション名 取引高(円)
PeopleInThePlaceTheyLove 4億6110万
AMBUSH OFFICIAL POW! Reboot 2億7779万5163
Kawaii Skull 2億2346万2948
Love Addicted Girls 1億4734万5191
Pixel Heroes X 1521万5683
WrappedEtherWaifu 1338万4838
MiniGoros 1169万171
Kawaii girl Collage 1114万2431
From the Fragments of Tezuka Osamu – Generative Art 1081万2576
From the Fragments of Tezuka Osamu – Mosaic Art 955万6708

参考:NFTRANKING.JP

まだまだ日本のコレクションは発展途上

海外1位のコレクションは、1か月間の取引高が約121億円、日本1位のコレクションは約4億円。

その差は30倍です。

日本のコレクションも増えていますが、まだ発展途上であると言えます。

ここまでで海外と日本のNFT市場の違いについてお伝えをしてきました。

次は具体的にどのようなNFTがあるのかを解説します。

過去に高額で取引をされた事例

①ジャック・ドーシー氏のツイート

ジャック・ドーシー氏のツイート

元米TwitterCEOのジャック・ドーシー氏の初めてのツイートが2021年3月21日オークションにかけられました。

結果は、291万5835ドル(日本円で約3億1,640万円)で落札されています。

落札したのは、TRONネットワークのOracleシステムのハカン・エスタビCEOです。

ツイート1つに3億円と聞くと「どうして」と思われるかもしれません。

実際に購入したハカン・エスタビCEOは「数年後にはモナ・リザと同じ価値になる」と発言しています。

Twitterというインターネットの在り方を変えた、SNSの創業者のツイートに価値を感じているからこその価格なのかもしれません。

②Ether Rocks

Ether Rocks

EtherRocksは2017年12月に発売されたNFTです。

外見は何の変哲もない岩のイラストですがEther Rocksが注目を浴びたのは、価格でした。

最も価格が上がったときには130万ドル(日本円で約1億3,000万円)で取引されました。

なぜ、ここまで価格が上がるのか。

購入者の目的としてあるのは2つあります。

一つはさらなる価格の値上がり

もう一つは、世界で一枚だけのイラストの保有者であるということへの満足感ではないかと考えられています。

世界で1枚しかないイラストが皆さんの手元にあるとしたらどうでしょうか。

想像すると大金を払ってでもほしいと考えた人の気持ちが分かるかもしれませんね。

③AXIE INFINITY

AXIE INFINITY

ゲームにも売れるものがあります。

・ゲーム内で手に入る武器や防具
・レアなモンスター
・土地

などです。

このうち、金額として大きいのは「土地」です。

先に土地を購入しておくと、

・後から入ってくるプレイヤーに対して入場料などを設定し稼げる
・強力な武器やモンスターを作成できる

と、先行優位の傾向が強いGamefiでは、その価値が高いからです。

ブロックチェーンゲームで有名な「AXIE INFINITY」を例に出すと、

土地が2021年に420ETH(日本円約6,900万円)で購入された

その後888.25ETH(日本円で約1億6千万)で売却された

といったことが起きています。

ゲーム内の土地に1億円の金額がつくことに驚かれるかもしれません。

しかし、不労所得のようにお金を生み出し続けてくれるなら安いと考える人がいるということです。

ここまでにNFTで売れるものや実際の取引事例を解説してきましたので、具体的に売るための方法をお伝えします。

NFTを売るための4ステップ

NFTを売る

NFTを売るためには4つのステップがあります。

・仮想通貨の口座開設
・ウォレットの作成
・NFTマーケットへのログイン
・NFTを用意して出品

上記の手順となりますので、順番に解説します。

①仮想通貨の口座開設

NFTを売るためには仮想通貨の口座開設が必要というのはご存じでしょうか。

口座が必要な理由は、仮想通貨を日本円に変えるためには、仮想通貨の取引所が必要だからです。

仮想通貨取引所は日本国内に複数ありますが、おすすめは「コインチェック」

仮想通貨取引所でコインチェックがおすすめな3つの理由

コインチェック
取引所 手数料 NFTマーケットの有無 取り扱い
コインチェック 無料 あり 17銘柄
DMMビットコイン なし 14銘柄
GMOコイン 一部あり なし 20銘柄

①手数料無料

コインチェックは仮想通貨の購入に関わる取引手数料は無料です。

仮想通貨を売り買いするだけで手数料を取られたくはないですよね。

②NFTマーケット

NFTの売り買いができるのもコインチェックだけ。

すべてのNFTが売れるわけではありませんが、ゲームに対応したNFTマーケットがあります。

初心者やゲーム好きの方には最初の取引所としておすすめです。

③取り扱い銘柄

銘柄数はGMOコインの方がありますが、NFTマーケットで使用できる通貨を扱っているという点でコインチェックがおすすめ。
 

必要な仮想通貨はイーサリアム

口座開設を済んだらイーサリアムを購入しましょう。

理由は、NFTマーケットでは

・出品
・売買
・取引の承認

といった行動のたびにイーサリアムで手数料を支払うからです。

また、イーサリアムは混雑具合によって取引手数料が変わり、混雑具合で手数料が数千円~数万円になることも。

現在は改善に向かっていますが、取引手数料が足らないと取引が停止してしまいます。

そのため、必要な金額に加えて3~5万円はイーサリアムを用意しておくことをおすすめします。

②ウォレットの作成

ウォレットの作成

仮想通貨取引所は、日本円と仮想通貨を交換するところで、ウォレットは仮想通貨を入れてNFTマーケットへ行くお財布と考えてください。

ウォレットにも複数の種類がありますが、「メタマスク」で作ることをおすすめします。

理由はメタマスクはNFTマーケットやNFTゲームを使う機会が多いからです。

一度作っておくと、ほかのNFTマーケットやNFTゲームをプレイしたいときに新しくウォレットを作成しなくて済みます。

またメタマスクにはクレジットカードで仮想通貨を購入することができます。

そのため、急に欲しい作品が出てきたときや手数料不足になったときに活躍します。

筆者も手数料不足で取引ができなかった際に、クレジットカードで入金をしたことがあります。

メタマスクの始め方

③NFTマーケットへのログイン

NFTマーケット
サービス Open Sea LOOKS RARE
トータルの取引量 $9,447,007,355
(1兆391億7080万9050)
$18,934,906,414
(2兆828億3970万5540)
トータルユーザー 754,019 47,461
取引回数 6,860,236 73,821

NFTマーケットプレイスは現状「Open Sea」で始めることをおすすめします。

理由はOpen Seaは世界で一番使われているNFTマーケットだからです。

「Open Sea」と新しいマーケットプレイスの「LOOKS RARE」を比較してみました。

取引の金額だけ見るとLOOKS RAREの方が多いです。

しかし、トータルユーザー数、取引回数を見るとOpen Seaの圧勝となります。

例えば人がたくさん入っているレストランと、人の少ないレストランがあったとしましょう。

この場合、人が入っているレストランの方が入りたくなりますよね。

マーケットも人が多い方が、あなたの出品する作品を買ってくれる人に出会える可能性があるのでおすすめです。

④NFTを用意して出品

NFTにするデジタル作品が決まったら、Open Seaに出品します。

このときに、「イーサリアム」「ポリゴン」のいずれのブロックチェーンで発行するかを決めます。

サービス イーサリアム ポリゴン
発行枚数 1つ以上
手数料 数千円~数万円
(混雑具合などにより変動)
数円~数十円
(混雑具合などにより変動)
1日あたりの取引高 76,478,399$
(84億1262万3890円)
1,568,995$
(1億7258万9450円)

イーサリアムはユーザー数や取引高が多いのですが、手数料が高く売るNFTが安い場合は売買するほどマイナスになります。

そのため、NFTの売買に慣れるまではポリゴンでNFTを出品することをおすすめします。

まとめ

NFTではデジタルにできるものは何でも売ることができます。

まとめ

・NFTを売る前には口座開設、ウォレットの用意、NFTマーケットへのログイン、NFTの用意が必要
・口座開設はNFTマーケットのあるコインチェックがおすすめ
・ウォレットは使い勝手の良いメタマスクがおすすめ
・NFTマーケットは使う人が多いOpen Seaがおすすめ
・慣れないうちはポリゴンで作品を出品する

日本のNFT市場はまだまだ小さいので、焦らず続けていきましょう。

この記事を書いた人
どこにでもいるただの会社員が初めて遊んだNFTゲームが面白くて何も調べずに200万突っ込んだら貯金がほぼ無くなりどん底転落。

その後、最後の投資だと思い寝る暇を削って調べ尽くし、Twitterで話題のSTEPNにチャレンジ。

初心者でも簡単に10分で3000円稼げてびっくりしてドはまりで200万回収+貯金生活に!

このサイトに来ていただいた方にはそんな過去のツライ経験をして欲しくないので、

毎日8時間以上GameFiの海外情報や最新情報を調べた内容を初心者の方でも分かりやすく発信してます!

掲示板 0

コメント

メールアドレスは公開されません。

次のHTML タグと属性を使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0