総攻略ゲーム >  荒野行動(KNIVES OUT)攻略wiki  >  新武器「HK50」の評価と性能比較!メリット・デメリット解説!
荒野行動(KNIVES OUT)攻略wiki

【荒野行動】新武器「HK50」の評価と性能比較!メリット・デメリット解説!

[更新日]2020/01/21

   0                   
    
             
    

どーも!荒野行動大好きライターあかり(@knives_outwiki)です!

荒野行動『KNIVES OUT』の新アサルトライフル「HK50」についての情報・評価をご紹介いたします。

荒野行動ではM1917の追加以降まったく新武器が追加されませんでしたが1/14のPC版アップデートより新武器HK50が実装されました!

新武器HK50はアサルトライフルということとステータス面外での撃ち出し速度の速さと横軸にほとんどブレない反動面は一目置くべき武器です。

95式を超えるかもしれないポテンシャルを秘めている新武器HK50のステータス面では分からない細かな点まで評価・解説致します!

HK50の基礎ステータス

HK50の性能

Hk50 性能
ダメージ 40
連射速度 11
射程距離 450
弾数 30
反動 10
5.56弾


HK50の基礎ステータス面は今まで実装されているどの小銃よりも低めに設定されています。

ただし反動が小さく横軸方向へのブレが少ない点と撃ち出しが早く弾詰まりのような感覚が一切ない点で他のアサルトライフルと区別化できていると言えるでしょう。

初心者の方に短機関銃感覚で使用できてしまうアサルトライフルです。


HK50のダメージ


HK50は性能的には胴体からヘッドショッドを狙うことやヘッドショッド狙いになるアサルトライフルです。

反動が少なく、横にもぶれないため安定してダメージを稼ぐことが可能になっています。

上級者の方は連続ヘッドショッドを狙えるので使っていて気持ちの良い武器にもなるでしょう!

撃つ部位 与えられるダメージ量
防具なし(胴体) 40
防弾衣レベル1 28
防弾衣レベル2 24
防弾衣レベル3 18
ヘッドショッド(防具なし) 99.2
ヘッドショッド(ヘルメットレベル1) 69.45
ヘッドショッド(ヘルメットレベル2) 59.52
ヘッドショッド(ヘルメットレベル3) 44.64


HK50の性能比較

ダメージ 連射速度 射程距離 反動

HK50
40
(アサルトライフル中最小)
11 450
(通常アサルトライフル中最短)
10

M4A1
41 12 550 9

95式
43 12 550 10

S-ACR
41 11 550 11

M27
41 12 550 9

M16A4
42 12 550 10

AK-47
48 10 550 12

81式
45 12 550 10

※89式・AUG・ADS水陸小銃・APS水陸小銃は省略しています

HK50の評価

メリット1:弾詰まり感がない連射!


HK50の強さのひとつは弾詰まり感がない連射です。

ステータスだけ見るとM4の方が優れているようにも思えますがまとまった箇所にきれいに射撃されるため撃っている音も心地いいです。

S-ACRやクセの強い81式と異なりスムーズに弾を発射できる点はHK50ならではと言えます。


メリット2:初心者にも扱いやすい短機関銃の延長


分類的にはアサルトライフルに属していますが感覚としては短機関銃として使用できるイメージです。

遠距離の短機関銃として05式という強力なライバルがいますがHK50は撃ち出しがスムーズで連続射撃が可能なのできれいに差別化ができています。

一時期壊れ武器といわれていたMP5に近い性能を持ったアサルトライフルと言えるでしょう。


デメリット1:見つけにくい


HK50は発見するのが難しい銃です。

大体都心新区の中で2,3個、95式を3本見つけた後位の確率で見つけられます。

イメージとしてはCSLR4などの強力な狙撃銃を見つけるレベルですので発見しにくいというデメリットが非常に大きいです。

また一般的にはやはり95式の方が強いため95式を先に見つけてしまうと出番がないということも多いです。


デメリット2:射程距離の低さとダメージは気になるところ


ステータス外の弾詰まり感のなさと弾がばらけないという点ではかなりオススメなHK50ですが真っ向勝負で95式などの強アサルトライフルと撃ち合いは難しいです。

95式やM27などの強力なアサルトライフルのライバルがいますので短機関銃のように弾が使い分けできないという点、ステータス面では劣っているという点がネックになります。

ADS撃ちでも使いやすいと公式は押していますがそこでは射程距離の短さがネックとなりますし、あくまでも先制攻撃前提という点は覚えておいた方が良いです。

反面先制攻撃場面や敵にエイムを合わせる所まで行ってしまえば95式にも劣らない性能ではあるのでうまく使っていきたい武器になります。


HK50のリコイル


アタッチメントなしでもリコイルコントロールがしやすくフルバーストでも使えるアサルトライフルになっています。

大きな横軸のブレもないためシンプルに胴体狙いをしていけば敵を倒せる点はかなり良いです!

少し練習するだけでアタッチメントなしでもフルバーストができてしまうほどの武器仕上がりになっています。


HK50のアタッチメント

装着可能なアタッチメント

HK50にはアサルトライフル基本アタッチメント全てが装着可能です。

装着できるアタッチメント種類 アタッチメント
スコープ類 ・ドットサイト
・2xスコープ
・4xスコープ
・8xスコープ
・15xスコープ
銃口 ・小銃補正器
・小銃消炎器
・小銃消音器
グリップ ・戦術グリップ
・戦術ラス
マガジン ・小銃クイックドローマガジン
・小銃拡張マガジン
・小銃大容量クイックドローマガジン


おすすめアタッチメント


オススメの組み合わせとしては小銃補正器+戦術グリップが鉄板です。

戦術グリップをつけることでわずかな横のブレをさらに抑制できるという点では最重要アタッチメントといえるでしょう。

戦術ラスの場合はより垂直方向へのケアができるので好みになりますが試してみることをオススメします。

アタッチメントなしでも音が連続するような感覚での射撃音になっていますので消音器よりかは消炎器や補正器を使用する方が強力です。

HK50の特徴的にもアタッチメントなしでも使いやすいのでグリップ系を入手するのが最優先と言えます!


HK50のスキン


現在はスキンが実装されていません。

通常のHK50のみになっています。


まとめ:HK50はステータス外の要素が強い扱いやすい小銃!

HK50はステータスだけ見てしまうと非常に弱い部類のアサルトライフルです。

ですが弾の出だしの早さや横軸にほとんどブレないなどの反動の小ささはかなり評価ができ、初心者にも扱いやすい武器になっています。

95式のような溶かすエイムはできない物の確実に敵に命中し続けるようなバツグンの安定感が特徴です!

さすがにアサルトライフル最強の95式を超えるとまではいきませんが防具のそろっていない最序盤、95式を指切りで使っている方には1度試していただきたい武器になります!

PC版先行実装でしたがスマホ版では反動がさらに武器の評価要因となるためスマホ版ではさらに評価される可能性を秘めている新武器です!




【春節限定「旗艦Z:春節限定版」を無課金でゲット!】


荒野行動で春節イベントが開催され、限定銃スキンや車両スキンも登場!

限定スキンでは「旗艦Z:春節限定版」や「AK-47:新春鳳凰先鋒版」、「M4A1:新年龍鳴先鋒版」などが新登場!


特に、新車両スキン「旗艦Z」はゲットして他のユーザーに自慢したいです!


「絶対なんとしてでも欲しい!」と思うほどクオリティが高いです!


しかし!春節限定スキンを手に入れる為には課金をしなければならない

ガチャを簡単に引けるような金券が欲しい!


と思ったことはないですか!


そんなとき、最新の限定スキンを大量に持っている知り合いに聞いてみたところ

じゃあ裏ワザで課金せずに金券買えば良いじゃん!」との答えが!


こちらのリンクで無課金で金券をゲットする裏ワザの詳しいやり方をご説明しているので「課金はしたくない!」という方は必ずチェックしておきましょう!


掲示板 0

コメント

メールアドレスは公開されません。

次のHTML タグと属性を使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0